家造り日記

薪ストーブのある大屋根の家〜和風モダン〜

秦野市 K様邸

【打ち合わせ】2015/11/06

設計のポイント

●隣地に広がる欅の大木を眺め、穏やかに暮らす和風の家をご希望のK様。リビングからも、廊下からも豊かな緑を眺める間取りとなりました。

●多くのご来客に備えた和室は、手掘りの欄間や床の間のある本格的な和のスペースに。

●リビングは大きく広がる勾配天井の空間に、薪ストーブを置いてくつろぎます。

●和の設えはあちこちに散りばめられ、書斎や浴室から、落ち着いた和風の庭を眺める計画です。

K様ご家族。
ご自身で模型を製作され、お打合せにお持ち下さいました。
お仕事が終わった深夜、寝る間を惜しんで製作下さった力作です。
2階部分、屋根も外すことが出来る本格的な模型です。

ご家族

手掘りの欄間

楠の手掘りの欄間。
丁寧に彫られた欄間は、和室の見どころとなりそうです。
とても存在感のある欄間がしっくりとなじむ和室の設えを、現在ご検討中です。

完成予想画

完成予想画

大屋根と出窓が印象的な外観です。

【地鎮祭】00000003[TAB]高台に建つL型バルコニーを持つ家[TAB]シンプルモダン[TAB]伊勢原市A邸

【基礎】2016/03/28

基礎工事が完成

3月23日、秦野市のK 様邸基礎工事が完成いたしました!
完成までの様子を追ってみましょう!

根切り

根切り(土工事)からスタートします。

砕石

基礎全面に砕石を敷きこみ固めます。

防湿フィルム

湿気の立上りを防止するために防湿フィルムを
同じく基礎全面に敷きこみます。

鉄筋

構造計算に従って鉄筋が組まれていきます。

配筋が完成

配筋が完成しました!

配筋検査

配筋検査も無事に終わり、型枠が組立てられて
コンクリートが打設されます。

基礎の完成

基礎の完成

十分な養生期間を終えて、型枠を解体すれば基礎の完成。とても綺麗に仕上がってい
ます!この後は足場を組んで上棟の準備を進めます。

【上棟】2016/04/01

上棟

3 月29 日・30 日の2 日間での上棟となりましたが、両日とも祝福されるように
晴天に恵まれ、上棟に向けて作業を進めさせていただくことができました。

1 階部分の組み上げ

まずは 1 階部分の組み上げです。
クレーンで運び込み、手作業で慎重に組み立てて
いきます。

1 階部分の組み上げ

声を掛け合って連携良く組まれていく様は
本当に一見の価値ありです。

1階部分

初日、お昼前には 1階部分の作業が完了しました。

クレーン

引き続きクレーンで床の下地が運び込まれます。

床下地

床下地が張り込まれ、少しずつ建物としての姿が
現れてきました。

細かく正確な仕事

のみと鎚を使った細かく正確な仕事も。
これぞ職人さんですね。

屋根

大きく流れる屋根の原型も見えて来ました!

ブルーシート

1 階部分は既にブルーシートで養生完了!

2日目

さぁ、ここから2日目!
やることはまだまだ沢山ありますよ!

2階部分

2階部分を立ち上げます。
柱が建てられ、梁を渡していきます。

施工

施工

施工

施工

職人さんが一人ひとりが責任をもって丁寧に施工していきます。
それにしても素晴らしい環境のお住まいですね。

2 階部分

2 階部分立ち上がりました!

棟上げ

引き続き棟上げの作業です。

作業

一本一本、ほぞしっかり合わせてはめ込みます。

作業

棟がすべて上がり、上棟となりました!

作業

作業

まだ作業は続きます。
屋根にはルーフィングが施され、玄関周りの施工も進められていきます。
作業終了後、建物を濡らさないように養生を施してようやくこの日の作業が終了です。

上棟式

上棟式を執り行いまいした。
実はお施主様ご自身が神主様なんです!

参列

ご親族さまと一緒に、現場監督、職人さんも
参列させていただきました。

記念写真

皆で記念写真を撮影させていただきました。

夫妻とお子さま

お施主さまご夫妻とお子さま水入らずです。

お施主さま、本日は上棟誠におめでとうございます。
良い環境に映える良いお住まいとなりますよう、今後も誠心誠意の仕事を尽くさせていただきます!

【工事】2016/05/23

本日現場打ち合わせ

K 様邸、本日現場打ち合わせです!
瓦葺き大屋根の外観が目を引く一邸です。

打ち合わせ開始

早速、外まわりから打ち合わせ開始しました。

設計内容を確認

お施主様とコーディーネーターと監督が設計内容を確認して行きます。

コンセントや照明器具の位置

コンセントや照明器具の位置もひとつづつ確認します。

コンセントや照明器具の位置

2 階

1 階の確認を終え、2 階に上がって参りました。
カーテンの設置方法なども確認項目の一つです。

バルコニー

バルコニーでは物干し金物の設置方法を再確認
しました。

お施主さま

お施主さま、本日は現場打ち合わせお疲れさまでした。
引き続き確実で丁寧な工事を進めさせていただきます!

【完成】2016/11/15

瓦と板金庇(ひさし)のバランスが美しい大屋根の家が完成しました。
漆喰調の白壁に桧板の戸袋が外観のアクセントです。

桧の柱と縦格子、化粧垂木(たるき)、鎖樋(くさりとい)。
和のアイテムが玄関へ導きます。

床、式台(しきだい)、天井板、どの部位も貴重な無垢材がふんだんに使われた
玄関とホール。上の写真の右奥は地窓のあるシューズインクローゼット。
伝統美と機能性を追求した設計です。

本格的な真壁(しんかべ)和室の客間。
床の間、違い棚、付け書院、竿縁(さおぶち)天井、彫刻欄間...
お施主様のこだわりが細かなディテールから伝わってきます。

和室右の襖(ふすま)を開けると、
坪庭の景色を楽しめる
小さな書斎コーナーがあります。

和室前の広縁を介して、雪見障子越しに眺める庭と畑。
その奥に広がる鎮守の森の緑陰。季節の移ろいを五感で感じる贅沢な空間です。

御影石で設えたオリジナル
の洗面カウンター

廊下の一角に一枚板の
無垢材を使って手洗い
カウンターを造作しました。

豊かな緑を眺めながら
お炊事ができる、収納力
たっぷりの対面カウンター
キッチン。

天窓から光が燦々と降り注ぐダイニングコーナー。
桧の大黒柱と天井板、地松の梁、欅の一枚板を加工した造作階段。
ダイナミックな空間に様々な樹種が無理なく調和しています。

大屋根の形を空間にしたリビングルーム。インテリアの主役は薪ストーブです。
樺桜の床と桧の天井板のやさしい木目と、白い漆喰調の珪藻土でまとめました。

工事も無事完成しました。
いよいよお引渡しです。
現場監督の氏居が様々な機器の取り扱い
説明書をご説明します。

関係者一同で記念撮影です。
どうもありがとうございました!

秦野市 K様邸 /家造り日記

小田原市 K様邸

南庭の家

大井町 M様邸

縦格子の家