家造り日記

記憶を紡ぐ家〜プレーリー〜

秦野市A 様邸

【打ち合わせ】2016/05/31

解体前の打ち合わせ

本日は解体前の打ち合わせにお伺いいたしました。
今回ご依頼いただいたのは、秦野市のA 様。生け垣に囲まれた築30 年の立派なお住まいです。
お孫さんの誕生を期に、ご長男夫婦と二世帯住宅へのお建替えが決まりました。

カーポートとお庭

玄関になる予定

南側に回ると、広々としたカーポートとお庭。今回の建て替えでは、こちら側が玄関になる予定です。

記念撮影

建物を解体する前に、想い出が沢山つまった旧家をバックに記念撮影をさせていただきました。
天気も良く、緑も映え、皆さま笑顔で良いお写真となりました。

プレーリースタイルの二世帯住宅は年内完成予定です。
引き続き宜しくお願いいたします。

プレーリースタイルの二世帯住宅

【地鎮祭】2016/06/11

天気に恵まれ地鎮祭日和となりま
した。

地鎮祭日和

参列

ご家族皆さま式に参列されました。

更地

更地になると土地の良さが増します。
建築が楽しみです。

鍬入れ

鍬入れ

鍬入れの儀です。お父様、息子様が代表で行います。

記念撮影

最後に皆さまで記念撮影です。私共も気持ちを引き締めて工事に着手いたします。

【基礎】2016/08/04

基礎工事

基礎工事の工程が始まりました。まずは建物の
正確な位置を出す「遣り方」という作業から。

掘削・砕石の敷き込

掘削・砕石の敷き込みが行われ、型枠を正確に組む
為の捨コンクリート打設まで完了です!

配筋

配筋

外周部の型枠が正確に組まれました。
底盤と立ち上がり部分から鉄筋が組まれていき、正確なピッチで構造計算通りの配筋が完成です。

配筋検査

第三者による配筋検査です。建物の配置、配筋の組み方など細かく検査をしていきます。
もちろん合格で次の工程へと進みます。

コンクリートを打設

最後に、立ち上がり部分の型枠を組んでコンクリートを打設します。

養生期間

養生期間

十分な養生期間を経て型枠を脱却、広い敷地に綺麗なコンクリートの基礎が顔を出しました。

これからいよいよ大工さんによる上棟工事です。
"この家の記憶(歴史)を紡ぐ大きな一歩が始まります"

【上棟】2016/08/23

秦野市のA 様邸。基礎が完成し、いよいよ2 日間に亘っての上棟がスタートです!

上棟に先立って、まずは作業足場が組まれました。

構造材をクレーンで吊り込みます。

一本一本職人さんが手作業で組み上げ、
1 階の架構部分がほぼ完成です!

水平垂直の確認をしています。

続いて2 階部分の施工に着手。
沢山の柱が一斉に立てられていきます。

2 階部分の架構もすっかり組み上がって参りました。

建物全体をきっちり養生して、1 日目の作業が完了です。
2 階架構部分まで施工が進んでいるので、明日は棟を上げて屋根を葺いていきます。

上棟2 日目、雨が心配されていましたが、作業開始時には晴れ間にも恵まれ、順調に作業が進みます。

真剣な表情で職人さんが作業を進めています。全ての棟が上がるまでもう少し!

最後の棟が上げられて、無事に上棟となりました!
お施主さま、おめでとうございます!

上棟したら屋根全体に垂木が渡され、そこに屋根下地が貼られていきます。

屋根下地が貼られたら、速やかに防水施工をしていきます。
屋根全面に防水が施されたら、2 日間に亘った上棟作業が完了です!

作業完了後にはお施主さまと大工さんで四方固めを行い、工事の安全と住まいの無事完成を祈願しました。

上棟の記念に、皆さんで記念撮影を行いました。

お施主さま、本日は上棟まことにおめでとうございます!
お住まいの完成に向けて、これからも安全で確実な工事を進めさせていただきます。

【工事】2016/09/02

図面のイメージを実際の建物で確認するとても大切な作業です。
秦野 A 様邸は 二世帯住宅です。親世帯・子世帯各々しっかり時間をかけて現場打合せを行いました。

まずは1 日目、1階親世打ち合わせです。
建物内も工事は順調に進んでおります。

早速図面と建物を照らし合わせながら確認が進められていきます。
電源やスイッチ類の位置、照明やエアコンの設置位置などを中心に、全体を確認していただきます。

実際生活する時のことを考えて、生活動線に沿って全員で確認していきます。

気になる部分は何度も確認し、廊下・玄関も含め、親世帯全室の確認が終了しました。
続いて 3 日後、2階子世帯の現場打ち合わせを行います。

この日は台風の恐れもありましたが、奇跡的に回避されてほっと一安心。
天候に恵まれ無事現場打ち合わせをすることができました。

やはり図面と照らし合わせながらの確認が進められます。
現場打合せでは手を伸ばしたり、スケールで測ったりしながら、実際の高さや幅を確認していきます。

図面をしっかり確認し、また現場に目をやりながら慎重に確認作業が続きます。

現場監督の古関が身体を使って説明をしています。
お施主様ご夫婦もその説明を真剣な面持ちで
聞いてくださっています。

認識のズレが無いよう、図面と現場とを細かく確認していきます。

必要な個所全てを確認して、2 日間にわたった現場打ち合わせが終了です!
打合せお疲れさまでした!
引き続き、ご安心いただける確実な工事を進めさせていただきます!

【完成】2017/04/03

水平線と垂直線のコントラストが美しいプレーリースタイルの二世帯住宅が完成しました。

二世帯共用の玄関です。
玄関土間のドアの奥は、階段下スペースを上手に利用した大型のシューズインクローゼットです。
靴やコートは勿論、ベビーカーや趣味の道具類まで格納できる便利収納です。

1階親世帯のLDK。
お父様が30年前に造られた旧家の「記憶を紡ぐ家」がA様邸のテーマでした。
棚上の建具は解体した旧家で使われていた障子窓を再利用しました。

2階の子世帯のために、階段は踊り場の広いゆったり設計です。

間接照明がインテリアアクセントになっている2階子世帯のLDK。
両世帯のLDKも無垢のフローリング、珪藻土の塗り壁に包まれた快適空間です。

子世帯のリビングのスタディーコーナーです。
こちらにも旧家の障子窓を、さりげなく再利用しました。

設計担当者から:

ご長男のご結婚とお孫さんのお誕生日を機に、二世帯住宅へお建替えになりました。
東南角地の恵まれた敷地は、軒の深いプレーリースタイルのプロポーションが映える素晴らしい好立地でした。
おかげさまで、「住まいの見学会」も大好評でした。どうもありがとうございました。
実咲(ミサキ)ちゃんの遊び場は完成したでしょうか?
引き続き宜しくお願いいたします。

コーディネーターから:

ショールームご見学からお打ち合わせも皆様ご一緒で
いつも和やかなご一家で
皆様が事前にご意向や確認内容を整理され、資料もきちんと整理されていました。
旧家も丁寧に住まわれていたのが印象的でした。
新たな二世帯住宅もきっとそうなるのだなと思っております。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

現場担当者から:

ご入居おめでとうございます。
初めてお会いしたときからご家族皆様の仲の良さを感じておりました。
思い出の多い旧家の建替えとなりましたが、どのお部屋も
陽当たりが良く明るく仕上がりました。
また、思い入れ深い旧家の障子を再利用させていただき、思い出の一部を
新しい形で残させていただけたかと思います。
今後とも末永いお付き合い宜しくお願い致します。

秦野市A 様邸 /家造り日記

秦野市A 様邸

記憶を紡ぐ家

秦野市 K様邸

角地に建つModernHouse

横浜市南区 K様邸

坂の上の和モダンハウス