家造り日記

こあがり和室のある家〜モダン〜

厚木市 K様邸

【打ち合わせ】2016/11/14

設計のポイント

●なんと言っても一番のポイントは、リビングの中心に配したこあがり和室。
和室を中心に、家族団らんの時間が持てる設計としました。

●外装は色や素材をポイントで切り替えてキリッと引き締め。温かみの中に風格のあるモダンデザインにしています。

営業/柏木 設計/円山 IC/藤間・伊藤

いつもご家族皆さんでご来場してくださるK様。
娘さん達はいつも元気いっぱい!
お打合せ時には住まい・る市場が明るい雰囲気に包まれます。

ショールームでは大きな浴槽に皆さんで一緒に入ってパチリ。
新居でもこのように家族皆で笑いあって過ごしている姿が目に浮かんできます。

完成予想画

お打合せ中のイメージ。ウッドデッキが似合う外観デザインです。

【地鎮祭】2017/02/01

地鎮祭

1月吉日、心地よい陽射しが降り注ぐ冬晴れの下で地鎮祭が執り行われました。
神主様(娘さんたちから「お内裏様!」と言われていました(笑))が厳かに祝詞を奏上します。

鍬入れ

鍬入れ

ご家族皆様で砂山に鍬入れを行います。娘さんも元気よく「エイッ!エイッ!」と鍬入れをしていただきました。

玉串

玉串

玉串も奉納いただきました。

記念撮影

最後にご家族で記念撮影。ご両親も来てくださり賑やかな地鎮祭となりました。
これからいよいよ着工となります!
素敵なお住まいにするためにスタッフ一同尽力してまいります。

【基礎】2017/03/21

上棟スタート

基礎工事が始まりました!
遣り方を終え、いよいよ根切り開始です。

配筋検査

配筋が正確なピッチで組まれ、第三者機関による
配筋検査を受けます。

ベースコンクリート打設

続いてはベースコンクリートを打設。
丁寧に仕上げて行きます。

コンクリート打設

立ち上がり部分のコンクリート打設まで進み、
基礎工事もあと一息!

養生

十分な養生期間の後、型枠を外し基礎工事が完了しました!
次はいよいよ上棟となります。

【上棟】2017/03/27

上棟作業開始

清々しい朝日が差し込む中、K様邸の上棟作業開始です!
職人さんが手作業で柱・梁を組んで行きます。

作業

威勢の良い掛け声とともに、
作業が進んでいます。

1階の梁組み

順調に1階の梁組み完了です!

2階の梁組み

2階の梁組み

続いて2階の梁組みが始まりました。1ヶ所、1ヶ所を丁寧に組んで行きます。
梁をホゾに入れるために打つ大きな木槌「掛け矢(かけや)」の音が響きます。

上棟

棟が上りました。
上棟、おめでとうございます!

大屋根

屋根垂木組みが完了です大屋根の外観があらわれ、
木の温かみが伝わってきます。

屋根下地貼り

次に屋根下地貼りを進めます。

ブルーシートで養生

最後に建物をブルーシートで養生をし、上棟作業の終了です!

今後の作業も安全に努めてまいりますので、なにとぞよろしくお願いします!

【工事】2017/04/12

工事

現場配線打ち合わせ

上棟を終え、工事も順調に進んでいます。
本日はお施主さまにも現場に足を運んでいただき、現場配線打ち合わせを行います。

1階

まずは1階から。
玄関を入ってリビング、こあがり和室へと
動線を追って確認を進めて行きます。

現場配線打ち合わせ

現場配線打ち合わせ

図面と現場を照らし合わせることで、図面だけではイメージし辛かった部分もはっきりしてきますね。

キッチンエリア

続いてはキッチンエリアです。

実はキッチンは様々な機器が電気を使うので、
配線打ち合わせでは一つの山場です。

出来る限りお客さまのご要望を実現できるよう、
一同知恵を出し合っています。

配線打ち合わせ

バス・トイレの配線確認

バス・トイレの配線確認を終えて、2階へ向かう
通路の照明の検討です。
利便性の高いセンサーのライトを採用することに
しました。

寝室・洋室と配線確認

寝室・洋室と配線確認

2階へ場所を移し、階段・廊下、寝室・洋室と配線確認を進めて行きます。

設置する家具の実際の寸法をもとに造作の棚の位置やサイズも検討されます。

造作の棚の位置やサイズも検討

洋室

洋室ではテレビ配線の位置変更の
ご希望を承りました。

1階・2階

1階・2階とも必要な確認を終えました。

現場打ち合わせ終了

これにて現場打ち合わせ終了です。

打ち合わせ内容を反映し、工事を進めさせていただきます。
お施主さま、本日はお疲れさまでした?

【完成】2017/08/28

大きくかかった大屋根が和風ながらモダンな印象

少し奥まった玄関ホールを入ると、大容量のシューズクローゼットがあります

リビングの真ん中にある、
こあがり和室

リビングのドアを開けると、大きく室内が見渡せる間取りです

一番奥のキッチンまで行って、振り返るとさらに広々

小さなニッチで廊下も楽しく

花火が見える、階段ホールの大きな窓

清潔感溢れる水廻り

ベッドサイドのニッチが
こだわりのベッドルーム

しばらく続き間として仲良く
過ごす子供部屋

待合スペース

K様ご家族。完成おめでとうございます

設計担当者から:

「くつろいだり腰かけたり、テレビも見れる!そんなこあがり和室がある家」とご希望をいただいて、間取りの打ち合わせがスタート。何度かお打ち合わせを重ね、端から端まで見渡せる広々LDKと、その真ん中にある和室で、きっとご家族が思い思いに、
でも一緒に過ごせる心地良いお住まいが完成しました。
階段ホールの大きな窓から、花火はご覧いただけましたでしょうか。

現場担当者から:

K様邸の監督をさせて頂くにあたって、自分がこだわりを持った所は花火が見える階段室とLDKにある小上がり和室でした。
特に小上り和室は、おさまり方などを大工さんと色々考えて作りましたので、特別な思いが込められてます。
何かありましたら、何時でも気軽に声を掛けて下さい。これからも、末永くどうぞ宜しくお願い致します。

厚木市 K様邸 /家造り日記

開成町S邸

Graceful House

大磯町 K様邸

高台の家

厚木市 K様邸

こあがり和室のある家