TOP > コミュニティ > オーナーズレポート vol.5

自然素材の家で、生活動線や間取りにこだわって子育ても家事も快適に 伊勢原市/Yさん子供も愛犬も楽しく伸びやかに暮らせる自然素材のオンリーワンの家。

長期優良住宅だから将来も安心で、住み心地も快適。子供も愛犬も楽しく伸びやかに暮らせるオンリーワンの家ができました。

Q.モデルハウス「アトリエくらびと」を訪れたきっかけはなんですか?

A.「住まいの見学会」の折込広告を見て、詳しく話を聞いてみたいと思いました。私の実家が秦野で、「アトリエくらびと」のある通りはよく知っていることもあって、一度見学してみようと家族で訪れてみました。

施主様

Q.新進建設で家を建てることに決めた理由をお聞かせください。

長期優良住宅先導事業に選ばれている事も決め手になりました。

A.土地探しからの家づくりだったので、分譲住宅も検討したのですが、やはり自由設計で我が家の暮らしに合った間取りの家が建てたくて、数社の住宅メーカーを検討しました。
そのなかで一番私たちの希望をうまく叶えてくださいそうだったのが新進建設さんだったのです。どんなお願いをしても、そのたびに真摯に対応してくださる姿勢にとても好感を持ちました。
また、政府が始めた長期優良住宅の先導事業に、新進建設の「丹沢桧で造る相模の家・Ⅱ」が選ばれているのを知ったことも決め手になりました。地元・丹沢の桧材が使われた、高耐久・高耐震の家で建てると200万円の補助金が出ることも魅力でしたね。

弊社、くらびとにてお打ち合わせの様子
地鎮祭の様子

和風の外観

Q.外観デザインはどんなふうに決められたのですか?

A.主人が和のテイストが好きなので、「おじいちゃんの家」みたいな懐かしい雰囲気をテーマにしたのです。最終的にこのデザインに決まるまで、何度もプランに手を加えて練り直してもらいましたが、設計担当の円山さんはイヤな顔ひとつせず、快く対応してくださいました。

Q.どんなところにこだわられたのでしょうか?

生活のしやすさを追求した家づくり

A.私と主人で、こだわりたいところが違いました。主人は無垢材や珪藻土といった自然素材の家に憧れていましたから、「アトリエくらびと」で珪藻土の塗り壁を見てすごく気に入ったようです。
私は生活のしやすさを追求した家づくりをしたかったので、便利な家事動線や生活しやすい間取りを重視しました。

Q.自由設計の注文住宅にして良かったと思う点は?

ほしいと思っていた空間づくりが実現

A.飼い犬スペースや2階のマルチスペースなど、ほしいと思っていた空間づくりが実現できたことですね。飼い犬スペースはリビング脇に目立たないニッチのような形で作ってもらいました。
マルチスペースは雨の日でも洗濯物を干せるので重宝しています。将来はここに本棚やパソコン、プリンターなどを置いて、家族の共有空間にしたいと思っています。
また、収納たっぷりの洗面所をはじめ、便利な収納スペースもたくさん作ってもらえました。こうしたワガママが叶えられたのも、新進建設さんの注文住宅で建てたからだと大満足しています。

1階洗面所とニッチのある子供部屋
  • 左:奥様にもご満足いただけた御影石をあしらった洗面スペース
  • 中:飼い犬スペースの床は、タイルを使いお手入れし易くしました。
  • 右:マルチスペースは、昼夜・雨天を問わない洗濯物干しスペースとして使用。

マルチスペース

Q.間取りを決める際にに配慮されたのは、どんなところですか?

対面キッチンと階段の配置

A.キッチンで家事をしていても子供の遊ぶ姿が見守れるように、リビングや和室が見渡せる対面キッチンにしました。
また、家事と育児を両立させるには、効率のよい家事動線が必要ですから、キッチンと洗面・浴室をできるだけ近く配置してもらうよう当初から希望を伝えていました。おかげでキッチン仕事と洗濯が同時にできて、とても便利ですね。
階段の位置にもこだわりました。子供が大きくなったとき、親の顔も見ずに自分の部屋に行ってしまうような家にしたくなかったので、玄関ホールに階段を据えるのではなく、LDKを通って廊下の先の階段から2階に上がるようにしたのです。
リビング階段も考えたのですが、階段部分が吹き抜けになると、冬、寒そうな気がして。リビングスルーの階段なら、子供が勝手に階段を上がってしまう危険もないので、その点もよかったと思います。

リビングとつながった和室

  • キッチンからの視点。
    和室まで見渡すことができます
設計担当より

施主様と設計担当の円山

Yさん宅の敷地は三角形でしたので、その形状を活かしつつ、日当たりの良い建物配置になるように工夫しました。隣家を気にせずに暮らしていただけるよう、視線の抜ける道路側に眺めが広がる設計プランにしています。
また、道路との高低差を活用した玄関アプローチと駐車場もご提案しました。
外観デザインは、『「おじいちゃんの家」みたいな雰囲気にしたい』というYさんのご希望に応えて、玄関廻りをモダンに演出しながらも、無垢羽目板や庇、木製の連格子など和のテイストをさりげなく取り入れて、どこか懐かしく、長く住み続けるにつれて味わい深くなる佇まいに仕上げています。
将来は、お庭で家庭菜園をお楽しみになりたいとのこと。
この家でYさんご家族の充実した暮らしが花開いていくことを願っております。(円山)