TOP > コミュニティ > オーナーズレポート vol.9

二世帯で明るく暮らす シンプルモダンな家 オーナーズレポート vol.9 伊勢原市/Mさんオーナーズレポート vol.9 二世帯で明るく暮らす シンプルモダンな家 伊勢原市/Mさん

ご長男夫婦と快適同居できる家に

Q.木製のパーゴラが映えるモダンな外観が素敵ですね。
ご自宅を建て替えようと思われたきっかけは何だったのでしょうか。

A.「築30年を経て老朽化し、子供たちも結婚して生活スタイルが変化したこともあり、長男夫婦と快適に同居できる二世帯住宅にしたいと思ったのです。当初、リフォームも検討したのですが、間取りもデザインも一新したかったので、思い切って建て替えることにしました」

パーゴラ

変形地を生かした巧みなプランが決め手

Q.数ある住宅メーカーの中から、新進建設に決めた理由を教えてください。

A.「新進建設さんを含めて数社にプランと見積もりを頼みました。そのとき我が家は台形の土地なので、他のハウスメーカーから出されたプランだと間取りに変形敷地の特性を生かせず、ムダな三角スペースが生まれ、しかも費用も割高でした。 それに対して新進建設さんの提案は、台形の敷地に間取りを描く際に発生する三角形スペースをうまく玄関ホールや洗面脱衣室に生かし、余分なコストをかけずに上手に希望の間取りが実現されていたのです。さすがだなと思いました」

インタビュー風景と変形地図面

希望はシンプルモダンなデザイン

Q.新進建設にはどんな印象をお持ちでしたか?

A.「モデルハウスの『ラ・ミア・カーサ』を見て洋風のエレガントな家づくりが得意だというイメージを抱いていました。我が家はシンプルモダンが希望でしたので、実はちょっと心配だったんです。でも、設計士の田端さんが描かれたプランを見て不安は消え去りました。すっきりシンプルな外観デザインはまさに私たち好みで、そのセンスの良さに安心しました」

観葉植物が多く飾られた居心地の良い室内の風景

高台の立地を生かした眺望を楽しみたい

Q.家づくりに関してはどんなご要望をお持ちで、どこにこだわられたのでしょうか。

A.「趣味の織物をタペストリーにして飾ったり、たくさんの観葉植物を置いてくつろげる、ゆったりと落ち着きのある住まいにしたいと思いました。また、高台の土地なので、家の中から眺望が楽しめ、外の空気が感じられる設計をお願いしました。天窓から光を招いた洗面所や階段ホール、玄関ホールに面したパティオ(中庭)など、自然光を採り入れた明るさにもこだわりました。細かなところでは、2階バルコニーは雨の日も洗濯物が濡れないように屋根付きにし、鉢植えに水やりができるように水栓も設置してもらいました」

シンプルモダンを軸に植物の緑が映える内装をご提案しました

M様は着工までにお時間があったため、何度も「アトリエくらびと」に来ていただき、仕様を決めていきました。
ショールームで設備をお決めになるときも、建物の外装、内装決めのときも、ご自分のお好みをはっきりと持たれて、方向性にブレがない方でしたので、打合せはとてもスムーズでした。
私からはシンプルモダンを軸に、大切に育てていらっしゃる観葉植物が映えるように色数を抑えた内装をご提案しました。

いただいたストールを巻いた弊社小柳
左:玄関脇に飾られた織物のタペストリー
右:頂いたストールを巻いた小柳

こんなうれしい出来事もありました。Mさんはいつもご自分で作られた素敵なストールを巻いておられるのですが、そのストールをお引き渡し前に私にプレゼントしてくださったのです。しかも「好きな色を選んでいいわよ」と言われ、どうしても2枚から絞れなかった私に「両方どうぞ」と2枚のストールをくださいました。図々しくも2枚頂戴しましたが、大切な思い出の品となり、大事に使わせていただいております。
来年の夏にはMさん宅のお庭のパーゴラが緑のカーテンになり、暑い日も過ごしやすくなることと思います。ご家族3人でこれからも楽しくお過ごしください。

キッチンの大きな引き戸収納がお気に入り

Q.特に気に入っていらっしゃるのは、どんなところですか?

A.「まず、キッチン背面の収納ですね。床から天井までの大きな引き戸は軽く開閉できて、何がどこにあるか一目でわかるから出し入れがラクラクです。収納量もたっぷりなので、キッチン用品がすべて収まるんです。閉めると何もかも隠れ、白い扉が壁と一体になってすっきりした表情になるので、来客時も生活感を出すことなく、美しいインテリア空間が保てるのがうれしいですね。
明るいトイレもお気に入りです。地窓を設けたことで光に満ちたお洒落な空間になりました。それと庭のテラスのパーゴラもいい感じ。外観を引き立てるアクセントになっています」

夜の表情も素敵なリビング

Q.住み心地はいかがですか?

A.「リビングで間接照明のやさしい光に包まれて、外の景色を眺めながらのんびりとくつろいでいると、一日の疲れが癒されてきます。友人たちからも『昼の表情も素敵だけれど、夜も来てみたくなる家ね』と褒められています」

チームワークとプロのアドバイスに信頼感

Q.家づくりを振り返って、新進建設の良さを
どんなところに感じられましたか?

A.「スタッフのみなさんのチームワークがいいのに感心しました。設計士の田端さん、コーディネーターの小柳さん、現場管理の廣木さん、氏居さんなど、それぞれが意見を出し合って、親身になって家づくりに取り組んでくれたのが印象的です。
私たちが素人考えで出した要望に対しても、良くないものはプロとして勧められないとはっきり指摘してもらえたので、かえって信頼感が湧きましたね。もちろん、代わりのお勧めプランを提案してくれましたし、できることは手間暇を惜しまず何でも相談にのってもらえました。
最後の最後になって、洗面所に追加で収納スペースを付けてほしいとワガママなお願いをした際も、快く対応してもらえて満足しています」

設計担当より

台形の土地を有効に活用すること、そして南に広がる豊かな田園風景を室内に取り込むことをテーマに設計いたしました。
設計から工事に至るまで、M様のモダンデザインを追求する姿勢が貫かれています。キッチンの巨大壁面収納、エントランスホールに面した中庭、ダークカラーのシックな寝室、地窓のあるレストルームなど、こだわりが詰まったお住まいになりました。M様が大好きなガーデニングが整うにつれ、ますます素敵な住宅に成長してゆくことと思います。
住まいの見学会開催時は、8月の残暑が厳しい中にも関わらず、多数のお客様が来場されました。 ご協力、誠にありがとうございました。(田端)

外観イメージパース

伊勢原/ M邸

2011年竣工

設計
:田端
インテリアコーディネート
:小柳
施工監理
:廣木・氏居

桧の香