TOP > コミュニティ > オーナーズレポート vol.13

洋菓子店の夢を叶えたパテシエの店舗併用住宅を拝見! オーナーズレポート vol.13 横浜市/井上さんフランス民家風のパテシエの店。暖かな店舗併用住宅。

外観カット

フランス民家風の温もりある佇まい

うららかな春の午後、洋菓子店『ピュイサンス』を訪ねると、オーナーの井上佳哉さんが陽気な笑顔を浮かべて迎えてくれた。井上さんは、洋菓子店で5年間修行した後、フランスに渡って修行を積み、帰国後はフランス菓子界のカリスマ、『オーボンビュータン』を営む河田勝彦氏の下で片腕として活躍した気鋭のパテシエだ。2001年、横浜市青葉区に『ピュイサンス』をオープン。2012年、近くに希望の土地が見つかり、2階を自宅にした店舗併用住宅を新築された。
 土壁風の外壁がフランスの民家を思わせる味わい深いこの建物は、建築家の豊田悟さんが設計し、新進建設が施工を手がけたものだ。
「誰に設計を依頼したらいいものかと思案していたとき、妻が保育園に通う子どものママ友の家を思い浮かべたのです。モダンの中にもアンティークなしつらえが調和したデザインがとても素敵だと…。その家の設計をしたのが豊田悟さんでした」と井上さん。
 豊田さんは新進建設の佐藤宏社長の友人で、新進建設の家づくりのパートナーとして、これまで何棟もの住まいを設計している。そんなご縁で、井上さんの店舗併用住宅の施工も新進建設が担当することになったのである。

オーナーの井上さんと建築家・豊田 悟氏

オーナーの井上さん
建築家・豊田 悟氏

内観カット

店内は粋な大人が集う
シックなカフェバーのよう

「いかにも店舗という感じにはしたくなかった」と井上さんが言うように、『ピュイサンス』は閑静な住宅街の中にさりげなく溶け込んでいる。店内もシックなインテリアで、街のケーキ屋さんというよりもお洒落な大人が集うカフェバーのよう。色とりどりの美しいスイーツが目も舌も楽しませてくれる。
 店内でこだわったところはどこかと尋ねると、井上さんは「カフェカウンターかな。まあ、コーヒー好きの僕の趣味ですけど」と照れ笑い。ダークブラウンの重厚な木製カウンターの前には横長のワイドな窓が設けられ、外の景色が眺められる。ここに腰掛けて、極上のスイーツと薫り高いコーヒーを味わえば、どんなに癒されることだろう。
 そんな胸の内が伝わったのか、井上さんは「今日は天気がいいから」と外のテラスに話の席を移し、自慢のカプチーノでもてなしてくれた。ひとときコーヒー談義に花を咲かせ、それから2階のご自宅を見せてもらう。

2階のお住まいは
木の温もりを生かした明るく開放的な雰囲気

2階のご自宅に上がると、パッと雰囲気が変わり、木の温もり漂う明るい住空間が広がっていた。勾配天井を活かした開放感あふれる25畳大のLDKは、縦横に走る梁がアクセントになって、とびきりのナチュラル感を醸し出している。3人のお子さんと1匹の愛犬も、伸び伸びと遊べてうれしそうだ。
「いろいろな家を見て、理想の我が家を追求した」というご夫妻がこだわったのは、明るい住空間。自然光をたっぷりと採り入れた設計で、風通しも心地よく考えられている。
「北側に並ぶ子ども部屋と洗面スペースには、天窓をつけてもらいました。陽光がふんだんに差し込むので、昼間は照明をつけなくても明るくて気持ちいいですね」と奥様。

収納にも工夫を凝らして
すっきりと美しい暮らしを

リビングの一画には小上がりのモダンな和室も設けられていた。押入れを朱色のアクセントカラーにした演出が楽しい。
「畳に腰掛けてテレビを観るなど、小上がりをベンチのようにも使っています。引き戸を閉めれば個室になるので、両親が泊まりにきたときなど、客間として使えて便利ですね」
 畳の下の小上がり部には引出しを組み込んで、無駄なく収納スペースに活用している。
 収納の工夫は、奥様こだわりのステンレス製オーダーメイドキッチンにも見られた。吊り戸棚はあえて付けず、開放感のあるオープンスタイルにして、キッチンの横にパントリー(食品庫)を設けているのだ。
「扉を開ければ、保存食やかさばるモノなどなんでもしまえて、出し入れもしやすいので助かります」と奥様は微笑む。キッチンの大きな窓からケヤキ並木の眺めが楽しめるのも奥様のお気に入りである。


子育てスタイルを反映した
子ども部屋のつくり方

子供部屋のあり方にも井上家の子育てスタイルが反映されていた。
「家族みんながいつもリビングに集まって過ごしたいから、リビングの壁面に並んで宿題ができるカウンターデスクを造作してもらったんです。私の事務スペースとしても重宝しています。その分、子供部屋は狭くてもいいけれど、独立心を養うために個室を与えたいと考えました」
 こうして確保された3室の子供部屋は、将来、お子さんたちが巣立っていったあとは、壁を取り払って広いワンルームにできるようにあらかじめ設計されている。
 最後に「店舗併用住宅にして良かったことは?」と尋ねると、「通勤がなくなったことかなあ…」とはにかむ井上さん。そのシャイな笑顔に、家族の温もりや支えを身近に感じながら、お店でパテシエという職人仕事に没頭できる喜びが現れていた。

勾配天井の広々と明るいLDK空間
吹き抜けの明るいエントランスホール
北側にある子供部屋には光を取り入れるための天窓
和室の小上がりを有効利用した収納
ケヤキ並木が眺める窓とオーダーメイドキッチン
リビングの側面を利用したカウンターデスク

本場イタリアでのシェアNo.1
ラバッツァのエスプレッソをベースにした カフェラテ
色とりどりのかわいらしいスウィーツたち
井上さんこだわりの自家製生ハム

氏居

井上様と初めてお会いさせて頂いたのが、約1年前になります。
お会いした際に、「オーボンビュータン」で働かれていた事を聞き、ビックリしました。
井上様が以前働かれていた「オーボンビュータン」は、私の母校の駅にあり、学生時代には何度か買いに行きました。もしかしたら、その際にお会いしていたかも・・・・・
現場は、タイトな工期ではありましたが、井上様、豊田先生との打合せを繰り返しながら進めていきました。店舗のアクセントになっている丸太の梁は、構造体の梁にかぶせる様に大工が加工し取り付けてあります。色々な箇所にこだわりが現れている建物になっています。
井上様これからも末長くよろしくお願いいたします。


横浜市/井上様邸

2012年2月竣工

設計
豊田 悟
施工管理
氏居