TOP > コミュニティ > オーナーズレポート vol.32

親子のこだわりを叶えた、個性豊かなオンリーワンの二世帯住宅「二世帯住宅」縦長の窓デザインや深い庇で印象的な外観と快適な暮らしを実現

深い庇と、美し表情を醸す長方形の連続窓、タイル張りの外観が堂々とした存在感を放ちます。

高いクオリティと設計の自由度が
「建築のプロ」のお眼鏡にかなった

 娘様ご夫婦と同居するため、ご自宅を二世帯住宅に建て替えられた市川さん。ご主人は大手ゼネコンにお勤めだった建築のプロ。一級建築士・一級施工管理士の資格をお持ちで、それだけに建築会社を見る目も厳しく、選ぶ際も慎重でした。
「小田原の親戚が新進建設で家を建てて大満足していたので、クオリティの高い会社だとわかっていました。でも我が家のある横須賀までは遠いから来てくれないだろうと思い込んでいたのです。それで当初は地元の優良工務店で建てるつもりで設計料を払い、すでに着工寸前のところまで話が進んでいました」と市川さん。
  しかし、家づくりに関する本を読むうちに、やはり他社とも比較してみようと思い直し、新進建設に電話で相見積もりの依頼をされたのでした。
「すると快く引き受けてもらえて、佐藤社長(現相談役)と設計部長の田端さんが横須賀まで来てくれたのです。相見積もりを見たら、坪単価は地元の工務店よりも安くて、しかも私のワガママもイヤな顔一つせずに聞き入れてくださいます。払った設計料を無駄にしても新進建設で建てたいと思い、地元の工務店には家族4人で伺って丁重にお断りしました」と振り返ります。

連続窓に囲まれ、眺望を満喫する事のできる明るい2階のLDK。

毎日のように現場をチェック
「たくさん口を挟み、ワガママを言いました」

 通勤帰りの夕方、毎日のように現場に寄って状況をチェックしていたというご主人。
「そのうち工事にからませてもらい、タイル屋さんとも直接やりとりして要望を聞いてもらいました。普通のハウスメーカーでは、こんなことは到底無理だったでしょうね。たくさん口を挟み、ワガママな希望も快く聞いてもらえて感謝しています」
  こうしてシックなベージュの外壁に縦長の窓がスタイリッシュに映えるお住まいが完成。外観デザインは若い娘様ご夫婦の意見を反映して、落ち着いた中にもモダンな雰囲気に演出しました。間取りは1階が子世帯、2階が親世帯。「一日中家で過ごすことの多い私たちが眺望のいい2階に住むのは絶対条件でした」と市川さんは語ります。

八寸角の太い大黒柱のある小上がりの和室。中央に設えたご夫妻こだわりの“掘りごたつ”は、
床の高さと天井高の工夫で実現した苦心作です。

寒い冬場は一家団欒の場にもなる掘りごたつ。

連続窓からは、横浜のみなとみらいや横須賀の港、 八景島の花火、房総半島まで一望できます。

縦長の窓デザインや深い庇で
印象的な外観と快適な暮らしを実現

 ご家族全員が「素晴らしい」と絶賛される縦長の連窓や深い庇は設計担当の田端が提案したもの。
「長い庇が夏は直射日光を遮ってくれますし、冬は天井近くの高い位置から陽光がふんだんに差し込むから、本当に気持ちが良くて。正直、想像以上でした。外観の勝手口を隠す壁のデザインも気に入っています」
  親世帯でこだわられたのは縁のない琉球畳のモダンな和室。天井高を工夫して、2階でありながら掘りごたつを実現しました。一方、子世帯のこだわりはチーク無垢材の床やワイドなウッドデッキ。耐候性に優れたイペ材のウッドデッキは、ご家族の憩いのアウトドアリビングになっています。

天窓からの光が、小屋裏階の納戸へとつながる階段室を明るく照らします。

1階は娘さんご夫妻のプライベートゾーン。無垢のチークのフローリングはご主人のこだわりです。

1階の全室につながる広いウッドデッキは、アウトドアリビングとして大活躍。
デッキ材には、耐腐朽性、耐久性で最強といわれるイペ材を使用しました。

ご近所でひときわ目立つたたずまい
夜は窓から灯りが漏れて美しい表情に

 家づくりの感想を奥さまにもお伺いしました。
「他にないオンリーワンの家づくりができたのは、デザインも使い勝手も何から何まで私たちの好みを入れさせてもらえたから。大手ハウスメーカーでは同じ費用をかけてもここまで個性的な住まいにはできなかったと思います」
  周囲に個性的な家が少ないこともあって、市川家はひときわ目立つ存在。特に夜、窓から明かりが煌々と漏れている姿は美しく、ウォーキングしているご近所の人たちも回り道をして見とれているそうです。
「『こんな素敵な家は見たことない』、『お洒落なホテルのようね』とよく言われます。うれしいですね」と微笑む奥さま。親子それぞれの夢を叶えた個性豊かなお住まいで、快適な二世帯同居の暮らしを満喫されています。


大館

現場施工の担当として、お施主様が同じ業種の大ベテランの方でありましたので、工事着手の時から大変緊張致しました。お打ち合わせの際にも、ご自身で書かれた施工図をもとに、詳細なお打ち合わせをさせて頂き、現場でもチェックを重ねながらお施主様と共にお住まい造りをさせて頂きました。大手ゼネコンにお勤めの方でいらっしゃいましたので、我々とは違う部分での、管理基準・安全基準なども大変勉強をさせて頂きました。現場での数々のお打ち合わせを通して、私自身勉強もさせて頂いた建築へのこだわりと熱意を、今後の私自身の仕事に生かして行ける様に今後も精進して行きたいと思っております。今後とも宜しくお願い致します!

吉本

打ち合わせ時は横須賀と横浜から、お互いご都合をすり合わせていただいた上でお越し頂きありがとうございました。外観のタイルの色は4人4様好みの色がありましたが、検討に検討を重ね納得のいくお色に決まり、品格のある瀟洒な外観となりました。建築のプロの市川様は主に構造を、女性陣は内装やキッチン、洗面などの水回りなどを担当され、好みが分かれた場合の最終判断はお母様がビシッと決めて頂いて大変助かりました。女性陣で内装が決まっていく中、1Fのフローリングはご主人様が一目ぼれされたチークの無垢材に決定し、落ち着いたLDKとなりました。2Fの和室は居心地の良いサロンとなっていることでしょうね。今後とも宜しくお願いいたします。

横須賀市/市川様・立花樣邸

横須賀市/市川様・立花樣邸

2013年4月竣工

設計
田端
施工管理
大館
インテリアコーディネート
吉本