TOP > コミュニティ > オーナーズレポート vol.34

「天上の坪庭」に心がなごむ和モダンな住まい家族と共に豊かに育っていく。スペインの邸宅を思わせるエレガントな住まい 伊勢原市/Tさん

モデルハウス『桧の香』に
一目惚れしました

 母国の中国で日本企業に勤務されたことがご縁となって日本に移住されたO様。日本の庭園や和のデザインをこよなく愛するご夫妻が求められたのは、伝統的な様式とモダンなスタイルを融合させたお住まいでした。
「インターネットで希望の家づくりを叶えてくれる住宅メーカーを探していたとき、目に留まったのが新進建設のモデルハウス『桧の香』でした。テイストが気に入ってさっそく見学したところ、一目惚れしてしまいました」と笑顔で振り返ります。

モデルハウス「桧の香 -hinoka- 」

外観白壁に木調の縦格子がアクセントの外観。2階の格子の内側に天上の坪庭が隠されています。

 玄関ポーチは墨色のタイル土間に木調格子が調和する気品高いデザイン。玄関ドアを開けると、玄関ホールの大きなピクチャーウインドウから外の植栽や景色が目に入る仕掛けです。玄関ホールは竿縁天井や間接照明をあしらった飾り棚をしつらえて、ゲストを迎えるにふさわしい洗練された雰囲気に仕上げています。

アプローチ 飾り棚

敷地の高低差を上手に利用して
アプローチしています。
間接照明と錆び御影を使った飾り棚。
床框(かまち)は黒御影、天井の竿縁(さおぶち)が廊下にリズム感を演出しています。

シューズインクローゼット 玄関ホール

引戸の奥は大容量のシューズインクローゼット。 ピクチャーウインドウの大窓から光が降り注ぐ玄関ホール。

リビング開放感あふれる吹き抜けのリビング。天井にホームシアター用のプロジェクターを設置しました。

ホームシアター化粧梁から100インチのスクリーンを下ろすとホームシアターに。

ウッドデッキリビングからスムーズにつながるウッドデッキ。

吹き抜けのリビングは
ホームシアターにも

 光あふれる吹き抜けのリビングは、2階の子ども部屋やスタディーコーナーからも見下ろせて、ご家族の笑顔がつながります。テレビボードの上の飾り梁には100インチの大型スクリーンが隠されていて、下ろすとホームシアターに。
「コレクションしている小津安二郎と黒澤明の作品を大画面で存分に鑑賞できるようになりました」と映画好きのO様は顔をほころばせます。

大黒柱吹き抜け空間の主役は桧の大黒柱です。床は無垢の樺桜。天井はヒノキ板。壁は漆喰調の珪藻土で仕上げました。可愛いカラーガラスが使われている小窓で、2階の子供室と繋がっています。

 リビングの外には段差なくL字にウッドデッキが広がっています。ここは光と風に包まれたO様ご家族の心地いいアウトドアリビング。天気の良い日はテーブルと椅子を出してお茶を飲んだり、ピクニック気分でランチをしたり。お子様のお気に入りの遊び場所にもなっています。2階のバルコニーが深い軒の出の役割を果たしているので、雨の日に出てもずぶ濡れになりません。

 リビングの一画には桧の大黒柱が映える小上がりのモダンな和室をしつらえて、畳のくつろぎ感も味わえるようにしました。普段はリビングの畳コーナーとして使われていますが、障子戸を閉めると個室になり、来客時には客間として活用できます。雪見障子を開けると四季折々の美しさを彩られた和庭の眺めが楽しめる風情ある演出もこだわりのひとつ。つくばいにこぼれ落ちるやさしい水音が心を癒やしてくれます。
 収納の工夫も見どころです。たとえばリビングに設けた和室は、小上がり部を引き出し収納として無駄なく活用。お子様の玩具や座布団などもしまえます。美しいデザインはもちろん、暮らしやすさやくつろぎ感も追求し、理想の住まいを実現されたO様。日本の伝統文化を生かしたお住まいで、心地よい暮らしを満喫されています。

雪見障子
雪見障子越しに白砂の和風庭園を眺められるこだわりの和室。
お庭
和風デザインをこよなく愛するO様のご自慢のお庭。
水が流れ落ちる手水鉢の中には可愛い金魚が泳いでいます。

収納小上の段差を利用した収納。

浴室や洗面室の外に「天上の坪庭」を

 2階の洗面室の外には掃き出し窓から出入りできるバスコートを設け、白玉砂利を敷き、植物やオブジェを置いて、「天上の坪庭」に仕立てています。木目調の縦格子の壁で外部からの視線をさりげなく遮っているのもポイント。格子壁は外観のアクセントにもなっています。「坪庭を眺めながら洗面や入浴ができるから、心がなごみますね」と微笑む奥様。大好きな日本文化を感じる住まいで、緑に癒されて心潤う日々を過ごされています。

2階のバルコニー
2階のバルコニーに白玉砂利を敷き、植物や灯篭を置いて
「天井の坪庭」に演出。

収納
「天上の坪庭」の眺めが楽しめる美しい洗面脱衣室。

洗面化粧台
洗面化粧台はフルオーダーのオリジナルデザインです。

洗面化粧台

 洗練されたフロートタイプの洗面化粧台は、新進建設のオリジナルデザイン。取手の見えないシンプルな木色の扉に、人造大理石のホワイトカウンターが調和しています。照明もミラーの木枠にLED照明を埋め込んで、すっきりとまとめました。洗濯機の上に同じデザインで収納棚も造り付けて、タオルや洗剤のストックなども充分にしまえるようにしました。収納が充実しているから、洗面所が雑然とせず、いつもすっきりと美しく清潔に保たれています。スペースもゆったりと確保されているから、ご家族が並んで立っても快適に使えます。

美しさにも暮らしやすさにもこだわったお住まい

 桧、石材、タイル、珪藻土など自然素材をふんだんに使った健やかで美しい内装がくつろぎをもたらすO様のお住まい。随所にご家族のこだわりが反映されています。対面スタイルのキッチンは手元を少し立ち上げて木製カウンターを造作。配膳に便利な上、リビングから雑然としたシンクまわりが丸見えになることもありません。後ろには家電もすっきりとしまえる収納カウンターや木製棚をつくり、壁面は白タイル貼りにして、ナチュラル感を生かしたお洒落なキッチン空間に仕上げています。

対面キッチン

木製カウンターとタイルでナチュラル感あふれる対面キッチン。
人造大理石一体型のカラフルなシンクがいろどりを添えています。
既製品の引出しキャビネットと木製カウンターを上手に使って、オリジナル収納を作りました。

 また、吹き抜けに面した2階ホールは、台形空間を上手に利用してご家族のスタディーコーナーに。見下ろすと1階のリビングにいるご家族とも笑顔がつながり、会話が交わせますから、お子さんはここでお勉強をしていても孤独感がありません。主寝室は羽目板張りの勾配天井で落ち着きを出し、低い天井側に下がり天井をあしらって間接照明を組み込みました。壁に設けた2つのニッチの灯りと相まって、やさしい光の拡散に心がやすらぎます。

スタディーコーナー
台形の空間を上手に利用した家族みんなのスタディーコーナー。吹き抜けのリビングを見下ろす快適空間です。

主寝室自然素材のインテリアでまとめた主寝室。間接照明が桧板の天井を優しく照らしだします。
バルコニーに面した平天井に室内干し用の物干し竿を格納しています。

子供室将来二部屋に分割できる子供室。
予め二つのドアとクローゼットを設えました。

子供部屋子供部屋の棚には、恐竜の壁紙でアクセントに。

寺門

O様は弊社ホームページからのお問合せを頂いたお客様でした。
ご自宅近くのファミリーレストランで初めてお会いした日が昨年の11月。建築会社、個人設計事務所等、数社から提案されたプラン図面をたくさんお持ち頂き、お二人から納得いかない間取り、デザイン、実現したい間取りについて熱くお話し頂いたことを今も鮮明に思い出します。弊社にて最初のプラン提案が終わったあと、王様ご夫婦がとても嬉しそうに安心されたお顔に変わっていた時、私も大変嬉しく思いました。
完成された新築は王様がこだわりぬいた大変素晴らしい建築となりました。機会がありましたら100インチのホームシアターに映し出される映像を見せてください。
今後ともよろしくお願い致します。

興津

O様には、何度も住まいる市場と現場でお打合せをさせていただきました。
O様ご夫婦の「日本の美学」に対する高い感性があったからこそ、この美しい心地よい住まいを創り上げることができました。お時間が無い中での完成でしたので見学会が出来なかったのが非常に残念です。これからの未来のお客様にも自慢できるO様邸です。いっぱい宣伝させてください。
新進建設は、引き続き社員一同でO様邸を一緒に見守って行きます。
これからも末永く宜しくお願いいたします。

大館

吹き抜けとトップライトの有るリビングも、勾配天井と間接照明造作のある寝室にも、桧の板張りで仕上げさせて頂いたりと、お打ち合わせの中にも、O様の木の素材感へのこだわりも感じながら、仕事をさせて頂きました。
優しいお人柄のO様一家の様な、木の温もりを感じるお住まいに仕上がった様に思います。
建築途中で新しく一家の仲間入りをした「子猫さん」と共に、これからも引き続き宜しくお願い致します!

藤間

O様とのお打ち合わせは毎回楽しみにしておりました。
こちらからのご提案だけにとどまらずご夫婦で情報収集され、最終的に素敵な仕上がりになったと思います。私もO様に刺激され、改めて日本の設いについて学んでいる最中です。
ご子息が新進建設を覚えていてくれるとよいなと思っています。




横浜市/O樣邸
横浜市/O樣邸
横浜市/O樣邸

2016年11月竣工

不動産融資
寺門
設計
田端・興津
現場監督
大館
インテリアコーディネート
藤間