イベント情報

TOP > イベント情報 >クリスマスコンサート

クリスマスコンサート

2014年 12月 14日(日)

ピアニスト
渡辺 史枝

桐朋学園子供のための音楽教室、桐朋女子高等学校音楽科を経て桐朋学園大学演奏学科ピアノ科卒業。
日本クラシック音楽コンクール全国大会入賞、かながわ音楽コンクール上位入賞。N.Y、フランスにて研鑽を積む。2006年白寿ホールにて、ソロリサイタル開催。
これまでに佐藤芙喜子氏、玉置善巳氏、小森谷泉氏、中島和彦氏の各氏に、室内楽を藤井一興氏に師事。現在、百貨店や企業イベント等での演奏や、多くのソリストの伴奏を務める他、後進の指導にもあたる。
桐朋学園大学附属「子供のための音楽教室」非常勤講師。

ヴァイオリニスト
麻生 愛

桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部演奏学科卒業後、同大学研究科を終了。
第5回全日本ソリストコンテスト中高の部 ヴァイオリン部門にて優秀賞受賞。ボードゥイン・サマーミュージックフェスティバルに参加。
ヴァイオリンを故・江藤俊哉、江藤アンジェラ、鈴木愛子の各師に師事。室内楽を青木十郎、岩崎淑、苅田雅治、菊池真美、高橋従子、毛利伯郎の各師に師事。二重奏にてビクター・ローゼンバウム、ジェローム・ローズ、ドン=スク・カンのマスタークラスを受講する。

フルーティスト
野口 マリ子

桐朋学園大学音楽部門演奏学科フルート専攻卒業。同大学研究科フルート専攻修了。日本フルート協会デビューリサイタル出演。ドイツ・オーベルスト国際音楽祭に参加。
第八回日本アンサンブルコンクールにて全部門最も印象に残った一組に選ばれ、「アンサンブル特別賞」受賞。日本アンサンブル協会主催受賞者演奏会等数多く出演。 第八回大阪国際音楽コンクールデュオ部門第三位入賞(1位なし)。文化庁主催によるブラジル移民100周年記念事業にて渡伯し、サンパウロ、クリチーバ、ロンドリーナの三都市で公演に出演。
現在、室内楽を中心に演奏活動を行い、また後進の指導にも力を注いでいる。

ニュー・シネマ・パラダイスメドレー

「ニュー・シネマ・パラダイス」は、1988年に公開されたイタリア映画です。第二次世界大戦直後、シチリア島の小さな村の映画館を舞台に、映画の魅力にとりつかれた少年と映写技師との心の交流の物語を描いた作品です。この中から「ニューシネマ・パラダイス」「初恋」「愛のテーマ」の3曲をメドレーでお送りいたします。

2つの間奏曲より第一楽章

スペインを舞台としたドンファン劇のために書かれたもの。この曲はメロディーをフルートまたはバイオリンで、伴奏をピアノやハープ、そしてギターなどでよく演奏されます。

クリスマス・メドレー

クリスマスソングとしてポピュラーな「ああベツレヘムよ」「天には栄え」「ひいらぎ飾ろう」「ホーリー・アンド・アイヴィー」「ホワイトクリスマス」の5曲をメドレーでお送りいたします。

愛の挨拶

「エニグマ変奏曲」や行進曲「威風堂々」など世界中の演奏会で取り上げられているエドワード・エルガー。彼の妻、キャロライン・アリス・ロバーツとの婚約記念に贈った曲で、エルガーの作品中では初期のものです。

歌の翼に

「歌の翼に」は、ハインリッヒ・ハイネが1827年に発表した『歌の本』(Buch der Lieder)にある詩。
作曲家、指揮者であるフェリックス・メンデルスゾーンが作曲した歌曲(『6つの歌』作品34の2曲目)。日本でも訳詞したものが歌われ、世界的にもよく知られています。

フィガロの結婚序曲

フランスの劇作家カロン・ド・ボーマルシェが1784年に書いた風刺的な戯曲。
1786年に同戯曲を題材にモーツァルトが作曲し、現代ではモーツァルトの序曲の中で1・2を争うほどの人気があります。

0120-002-316

      
 

イベント一覧