新進建設の家造り

TOP > 新進建設の家造り > 価格の仕組み

家造りの価格の仕組み

家造りにかかる費用は、古来から坪単価に床面積を掛け建築費用を定める「坪いくら」という方法が用いられてきました。この方法は、日本の家造りの歴史や伝統をふまえて、とても順当な仕組みと言えます。ただし、これは条件として細部にわたる詳細な工事仕様と、明確な工事範囲の設定が必要ですね。 そこで、以下この仕様と工事範囲について明確なご説明をいたします。

注文住宅の新進建設のサイドご利用にあたって

本サイトには一部フラッシュを使用しております。
ブラウザのアクセス制限の解除、
またはAdobe Flash Playerをインストールの上閲覧をお願いします。

家造りにかかる費用の全てがわかります。