直轄体制と品質監理

社の建設部を中心に全ての工事を直轄体制で運営、監理しています

多くのゼネコンやハウスメーカーが、工事監理を下請けや孫請けが担当するというなか、新進建設は自社建設部スタッフを中心に全ての工事を直轄体制で運営しています。
設計の意図を汲んだ工事の正確さや、品質へのこだわりはもちろんのこと、そこに携わる職人一人ひとりが新進建設の家造りの仲間としての誇りをもって、施主様の思いを一つひとつ受け止め、ご満足いただける家造りに取り組んでいます。