リフォーム

家族の思い出を大切に、美しく快適に生まれ変わった築30年の家 小田原市/Mさん REFORM OWNER'S REPORT vol.3太陽光発電を搭載した、高耐震・エコロジー住宅に!

  • 太陽光発電を搭載した、高耐震・エコロジー住宅にリノベーションされました。

建築条件付きの土地にお任せで建てた家だった

Mさんのご自宅は築30年。今回、リノベーションで、新築さながらの快適なお住まいに再生されました。
「建てたときは建築条件付きの土地で、大工さんにすべてお任せしなければならなかったから、実は好みに合わないところもあったんです。完成した後に壁の色にがっかりしたり…。それで今回は自分たちでいろいろと決めたいと思いました」
 そんな折り、新進建設の広告をご覧になり、また、お近くのお洒落な家も新進建設で建てられたと知って、当社に相談されたそうです。
「新進建設は『長期優良住宅先導事業』に採択されている点でも、信頼できる企業だという印象を持ちました」

  • 洗面と玄関入り口

30年前の新築のアルバムがリフォームのきっかけになった!

昭和57年 新築工事の外観
新築時のご家族のスナップ

「最初、建て替えも考えましたが、家族の歴史が刻まれた愛着のある我が家を取り壊してしまうのが寂しくて、リノベーションを選びました。
実は他社にも同じように相談したのですが、マニュアル通りの決まり切った対応で、新築に偏った提案ばかり強引にすすめられて。会社側の都合を押しつけられるようで不満でした。ところが新進建設さんは、30年前の新築時に記念に撮った我が家のアルバムをお見せしたら、『ご家族の思い出が詰まった家を大切にしましょう』と、リノベーションをすすめてくれたのです。私たちの話を親身に聞いて、希望を汲み取ってもらえたのもうれしかったですね。いつも打合せの後はハッピーな気持ちになり、帰りの車の中で新しい住まいのことを夢見てワクワクしました」



LDK、ゆったりとしたリビングイン階段と続き間の和室
天井に施した神奈川県桧のパネリングは、湘南リノベーションクラブのテーマである「地産地消」によるものです。

畳1帖分の広々とした踊り場がある階段室
風通し用の高窓からは、丹沢の雄大な眺めも楽しめます。

上がり下りのしやすいリビング階段がお気に入り

新しく生まれ変わったお住まいは、予約制の鍼灸院を営む奥様の希望で、患者さんに気持ちよくお待ちいただけるよう、南側の日当たりの良い場所に待合室を設けました。また、1階の広々と明るいLDKにあるリビング階段もご夫妻のお気に入り。既存の階段の配置を変え、さらに段差を穏やかにして中間の踊り場も広々としたスペースを確保しました。
「上り下りがラクですし、リビングからそのまま上がれるから、2階に行くのが苦になりません。これは意外なうれしさでした。それに南側のリビングの窓と北側の階段踊り場の大きな窓を開けると、風が爽やかに流れるのも心地よくて。住み心地って、ちょっとしたことでガラリと変わるんですね」
 続きの和室も、襖を全開にするとリビングと一体化し、お子さんたちが帰省したときなどに広く使えて便利です。
 さらにトイレは折りドアでスペースを有効活用し、車椅子も出入りできるバリアフリーにするなど、ご高齢になっても安全・快適に暮らせる配慮が施されています。


南の窓から暖かな日差しが差し込む「玄関ホール」と鍼灸院の「待合」
患者様用の手摺も設置しました。
出窓のある明るい鍼灸院の治療室
新進建設のモデルハウス「桧の香」をヒントにした、収納力自慢の対面キッチン
背面収納の扉は、床から天井までの引き戸にすることで、より使いやすくなりました。

お子さんの身長を記した
愛着のある柱はリビングに移設

一方、洗面洗濯室や浴室を寝室と同じ2階に配置して、ベランダには屋根付きの広い物干し場をつくったことで、家事動線もグンと便利になりました。
「階段を行き来しないで干せますし、屋内の洗濯物干し場は雨の日も濡れないので助かります」と奥様はにっこり。
 また、かつて2階のトイレがあったスペースは、富士山が見える好条件をいかして書斎へリノベーション。ご主人のお気に入りの場所に変身しました。
 2階の子供部屋にあった息子さんの身長の伸びを記録した柱の一部は、1階リビングの壁に移設するなど、ご家族の思い出が醸成された材料は大切に保存し、新しい家に生かしているのもポイントです。
 さらに、以前は二世帯住宅であったゆとりの広さを活かして、ビルトインガレージや奥様が趣味のステンドグラスを製作するアトリエも実現。ご家族の歴史や思い出を生かしたリノベーションが実現できて、ご夫妻は大満足されています。

  • 屋根付きの広い物干し用ベランダは、 雨天でも安心
  • 家族の記憶がしみ込んだ思い出の柱
    丁寧に解体してリビングの一角に移設 しました。

  • ご主人の書斎スペース
    左側の大きな窓から雄大な富士山の景色が堪能できます。
30年前の地鎮祭時のご夫婦
現在も変わらぬ笑顔が素敵なご夫婦
折り扉でゆったりとした入口のトイレ
使わなくなったお部屋をビルトインガレージに!
玄関アプローチ
石張りの壁と新進建設オリジナルデザインのアイアン窓格子が、デザインのアクセントになっています。

  • 外からの視線を適度に遮った庭先に置かれたティーテーブル

  • 奥様手作りのステンドグラスのスタンドと鏡

田端

築30年の住宅にお住まいのM様は、お建替えの新築か、大規模改修のリノベーションにすべきかを迷っていらっしゃいました。
本来私は新築部門の担当なので、建替えをお勧めするべきだったのかもしれません。しかし、お打ち合わせの際に、ご主人がアルバムに大切に保存されていた、30年前の建築風景と当時のご夫婦のお写真を拝見した時、うまく表現できませんが、「この住宅を残したい。」という強い衝動にかられました。
当時30歳代のお二人は、働き盛り、子育て期の真っ盛り。これからマイホームをお建てになる夢と希望が、その写真から伝わってきました。
そして30年後、この家でご両親を看取り、お子様たちが立派に巣立った今、ご夫婦にとって「年輪」といえるこの住宅を壊さずに、これからスタートするお二人の第二の人生にふさわしい器に「再生」したいという思いで、リノベーションの設計をさせていただきました。
仲睦まじいM様ご夫婦とのお打ち合わせは、爽やかな風が吹き抜けるような楽しいひと時でした。
どうぞこれからも末長くお元気で、生まれ変わった家に新たな年輪を刻んでいただければ、工務店としてこれ以上の喜びはありません。
ありがとうございました。

吉本

M様とのお打ち合わせはとてもスムーズで楽しく、打ち合わせ後は心が癒されたような暖かい気持ちになりました。
奥様は気に入られたインテリアのイメージ写真をスクラップ、ご主人様も家具や設備を詳細な一覧表にするなど、出来上がりについて、しっかりしたイメージをお持ちでした。
そのため私自身迷うことなくコーディネイトプランをご提案できました。
提案したイメージや照明器具で全てOKをいただいた時はとても嬉しく思いました。
夫婦のお手本といえるほど仲睦まじいお二人の住まい造りのお手伝いができ、とても幸せに思います。ありがとうございました。

小田原市/M様邸

2012年8月竣工

設計
田端
インテリアコーディネート
(Atelier Ecru)
吉本