リフォーム

床や家具にこだわりのウォールナット材を用いたヨーロピアン調の気品高いお住まい/藤沢市 I様邸/REFORM OWNER'S REPORT vol.21築45年の平屋を耐震補強し、ご夫婦で安心・快適に暮らせる家に

定年を前に築28年のご自宅をリフォーム
「新進建設の提案に夢が膨らみました」

I様のお住まいは築28年。壁に愛犬がかじった跡があり、傷みが目立ってきたことから、60歳の定年を前にリフォームをしようと決意されました。新進建設との出会いは、インターネットだったそう。「リフォーム会社を調べているとき、新進建設が手がけたお住まいが目にとまりました。それで実際にモデルハウスを見学し、スタッフの方にもお話も聞いて、センスがいいなと思ったのです。実は5年前に浴室とトイレを近所の工務店で修理してもらったので、当初はその会社に頼む気持ちもあったのですが、新進建設の提案プランを見て夢が膨らみました」と振り返ります。

床材にこだわって、白身の多く混ざった
ウォールナットフローリングをセレクト
木の温もりに満ちたやすらぎの住空間に

リビングルーム

リビングルーム

奥様のご実家のケヤキ材のテーブルが印象的なオープンキッチン。天然石タイルや大理石のキッチン天板などグレード感あるデザインに設えました

天然石タイルふんだんに使った玄関ホール

今回、玄関、LDK、和室をリフォームされたI様。フローリングや家具はウォールナット材で仕上げ、木の温もりに満ちた心やすらぐ住空間に演出されています。「特に床材の種類にはこだわって、いろいろなサンプルを用意してもらいました。その中から選んだのが白身が多く混ざったウォールナット材。通常の濃い色味のモノと違いお部屋が明るくなり、新進建設のスタッフの方々も『この床材にして正解でしたね』と言ってくださいました」とI様は微笑みます。
 収納家具が美しく調和したLDKは、団らんの場にふさわしい落ち着きのある雰囲気です。天井下の間接照明のラインが、空間全体をやわらかな光で優美に彩ります。
 オープンキッチンのグレード感あるデザインも印象的。天然石タイル壁のカウンターに収納を組み合わせ、カウンターには、奥様のご実家にあったケヤキ材を製材所で加工して使用しています。「キッチンの天板に用いた大理石の珍しい柄もとても気に入っています」と奥様。
 玄関ホールは天然石タイルをタペストリーのように貼ったアクセント壁が気品高く映え、濃淡が味わい深いフローリングが木の温もりを感じさせます。

モールディングやクラシックなデザインの扉で
明るく開放的なヨーロピアンスタイルの住空間に

最初、I様は白木の床に濃い色の家具を合わせたモダンなスタイルをイメージされていましたが、担当の水谷の提案でテイストを変更。「I様のお好きなリビング扉のデザインがヨーロピアンなスタイルでしたので、クラシカルなヨーロピアン調のプランの方がマッチすると思い、リビングにモールディングをご提案しました」と水谷は語ります。
 天然木の味わいを生かしたこだわりいっぱいの住空間に、I様は大満足のご様子。「撤去するのは無理だと思っていた柱を取り払い、窓も大きくしてくださったので、明るく開放的な住まいになりました。事前に構造の補強の説明などもあり、しっかりと耐震補強をしてもらえたので安心して工事をお任せできました」と奥様もお喜びです。生まれ変わったお住まいで、くつろぎに満ちた暮らしを楽しまれています。

リビングルーム

ウォールナット材で設えた、床の色に合わせた造作家具。天然木の味わいを生かしたこだわりいっぱいの住空間に

 
2017年11月竣工
設計
水谷 操子
現場監督
齊藤 一
コーディネート
水谷 操子