住まいのコラム

2021/07/13 NEW

モデルハウス「桧の香」、こだわりの和室

みなさんこんにちは、新進建設の興津です。

新進建設の建てる住まいを体感いただけるモデルハウス。その中でも「桧の香」は、2016年度グッドデザイン賞を受賞した自信の作品です。

土間・大黒柱・露地といった日本の伝統的民家の特長を活かし、現代の住まい方にリ・デザインした「和の再構築」が高く評価され受賞しました。

今回は、この「桧の香」のこだわりのポイントをご紹介してみたいと思います。

ぜひ御覧いただきたいポイントの1つが、現代数寄屋をテーマにしたモダンデザインの和室

他の空間が桧の白太仕上げであるのに対して、赤身の「」を使い野趣を演出。

はっかけ」収まりや引込障子、襖と障子をミックスしたオリジナル建具、地窓けんどん障子など、見所の多い空間です。

畳は「和紙畳」。

機械織り和紙に特殊顔料を練り込み、さらに樹脂コーティングした効果で変色・退色を抑え、新しい畳の表情を長く保ちます。

また、杉板を贅沢に使ったクローゼットの内装壁の仕上げは、新進建設の標準仕様になっています。

土間・大黒柱・露地などは日本の伝統的な住まいに深く関わりのあるものです。そんな日本の知恵、和の要素を“いま”の住まい方に適するようにもう一度見直し、デザインしました。日本人の心の底にある和の文化に対する憧れ、懐かしさなどの想いをかたちにする、新しい和の家のあり方を提案しています。

モデルハウス「桧の香」の詳細は、下記ホームページでご確認いただけます。

https://shinshin-homes.com/hinoka/