住まいのコラム

2022/01/18

住まいを長持ちさせるためのセルフチェックポイント

今回は、家を建てた後のメンテナンスのお話をしてみたいと思います。

雪が多い地域・日差しが強い地域・潮風に当たりやすい地域など、立地環境によっても異なりますが、一般的に、家の大きなメンテナンスが必要になるのは建ててから10年~20年と言われています。
急に大きなメンテナンスが発生すると慌ててしまうので、傷みがひどくなる前に小さな変化を見逃さず、普段からチェックしておくのがおすすめ。
また、修繕のための費用を少しずつ貯金しておくと安心ですね。

自分でチェックできる箇所としては、外壁、クロス、水回り、窓まわりの変化などが挙げられます。

外壁
外壁の変化には、ひび割れや、塗装の色落ちなどがあります。
塗装が落ちてくることは、外壁の劣化原因にもなります。塗装は見た目だけでなく、外壁の保護や防カビ、防腐の役割を持っているので、外壁の気になる劣化は早めに相談してください。

クロス
クロスの黄ばみ汚れや破れ、剥がれなどが見られます。日光で黄ばむ場合もありますし、手垢によって汚れたり、クロスの収縮によって継ぎ目に隙間があいてくることもあります。
これは仕方のないことで、建物自体にそれほど影響を及ぼすものでないことも多くあります。ただ、クロスの汚れの原因が分からない場合は、別の原因も潜んでいるのでご相談ください。

水回り
キッチンやお風呂、トイレ、洗面台などの水回りは、まずは水漏れに注意してください。
ひびやかけによるもの、蛇口などのパッキンの劣化によるものなど見た目に分かる水漏れ症状以外にも、悪臭がしたり、異常なカビや湿気などが起こることもあります。


窓の開け閉めがしにくいなど気になる症状が出てきたら、一度サッシのお掃除をしてみてください。
サッシにゴミや汚れがたまっていて、窓が引っかかることもあり、ゴミが原因で戸車という部品が破損することもあります。
それでも改善しないようなら、パッキン等の劣化の可能性もありますのでご相談ください。

外壁は雨や風、日差しなどに晒されています。
水廻りやドアなどは毎日使用しているので、どうしても傷みや劣化は起こります。

新進建設は、「shinshinメンテナンスクラブ」という定期点検サービスをご提供しています。
新進建設で建てた家、リフォームした家でなくても加入できるサービスですので、
「やっぱりプロに見てもらいたい」と思ったら下記ホームページで確認してみてください。

https://shinshin-homes.com/housing/