住まいのコラム

2021/10/14 NEW

湘南・西湘の街で暮らしませんか?[湘南・茅ケ崎編]

コロナ禍で在宅勤務が主流になったりということもあって、最近は「より快適な環境」を求めて、新進建設の地元「湘南・西湘エリア」に移住する方も増えています。
そんな現在移住を検討中の方のために、新進建設の地元の魅力的な街を、その街に住む当社の社員がご紹介していきたいと思います。

今回は「茅ケ崎」編。鈴木がご案内します。

みなさんこんにちは、鈴木です。

茅ケ崎市は、西湘エリアの中でも比較的名前の知られた街だと思いますが、
みなさんの印象はやはり「」でしょうか。
でも茅ケ崎は、海だけでなく山も楽しめる自然豊かな街
その割に比較的平坦な地形なので、自転車での移動が容易です。
地元のサーファーの多くは自転車で海まで行きます。
なかにはおしゃれなビーチクルーザーで走る姿も見受けられ、the湘南という感じです。

自動車では、国道1号線、134号線、西湘バイパス、新湘南バイパス、圏央道、東名、横浜新道などへのアクセスもよいですし、鉄道ではJR東海道線が乗り入れており、湘南新宿ラインを利用すれば新宿まで約1時間という距離です。東京駅なら1時間かかりません。
都心から程よく距離があり、都会すぎず田舎すぎず ゆったりと暮らせる街だと思います。

茅ケ崎駅付近にはイオンが2施設(旧サティ、旧ジャスコ)あり、普段の買い物はほぼここで済んでしまいます。お隣の辻堂まで行けばテラスモール湘南、湘南モールフィル、Mr.Maxなどといった複合商業施設もあり、日用品からDIY、ファッションなど買い物を楽しむ事ができます。
茅ケ崎市の北部に行けば里山が広がり、まさに「里山公園」という大きな公園もあります。

茅ケ崎のイベントといえば やはり なんといっても「浜降祭(はまおりさい)」です。
茅ケ崎市内の各地域からお神輿が出ます。深夜から早朝にかけて海に向かって出発し市内を練り歩き、早朝 茅ヶ崎海岸の海の中までお神輿を担いでいくお祭りです。
担ぎ手は頭にタオルを巻くのですが、各地域ごとに色が決まっています。
青、ピンク、オレンジなどなど。毎年、浜降祭の後にはDVDが発売されますが、引きの映像でもタオルの色で自分の地域のお神輿の位置がすぐ分かります。

そして、茅ケ崎といえばサザン
2000年8月に行われたサザンオールスターズの最初で最後の茅ヶ崎凱旋ライブは今でも伝説です。
このライブの前後から急に「桑田佳祐さんの友達」を名乗る人が増えたのを覚えています。
同じ小学校、中学校の卒業というだけで「おう、佳祐は○○だったんだよ」と言うおじさんが増殖してしまうようなお茶目な街です。

便利な上に、さまざまな楽しみがある「茅ケ崎」。
ぜひこの街での暮らしを検討してみてください。