住まいのコラム

2022/03/28

ちょっと地元自慢♪〈二宮町編〉 「吾妻山公園」一面の菜の花

菜の花や 月は東に 日は西に

江戸時代の俳人、与謝蕪村によって詠まれたこの句は、ここが舞台なんじゃないか・・・
そんな思いも浮かんでくる場所が、新進建設の地元にあります。

それが、二宮の吾妻山公園
約6万株の菜の花が植えられているというこの公園は、季節ともなれば多くの家族連れや“菜の花ウォッチャー”で賑わう菜の花の名所です。

人気の理由の一つは、二宮駅北口から公園入口まで徒歩約5分というアクセスの良さ。
そこから階段、山道を登り、山頂(標高136.2メートル)を目指すルートは、約20分のちょっとしたハイキングコースです。

山頂の展望台で味わう景色は、360度広がる大パノラマ。
菜の花と桜と富士山!そして箱根、丹沢の風景が手に取るような近さに感じられます。
南に広がる相模湾は、晴れた日には大島や初島も見ることができます。

12月中旬頃から菜の花が開花し始め、見頃は1・2月。4月初旬までの長い期間、菜の花の景色が私たちを楽しませてくれます。今年も、展望台周辺は菜の花が一面に広がっていました。

西湘の街で暮らし始めたら、ぜひ訪れてほしいスポットです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今回ご紹介した「吾妻山公園」の詳細はこちら
http://www.town.ninomiya.kanagawa.jp/soshiki/toshi/toshiseibi/koenryokuchi/r01/r05/index.html