F様と新進建設のご縁は、同じ山北町分譲地の担当不動産会社様からH様邸をご紹介されたことで2020年12月下旬に弊社へご来場いただいたことから始まりました。

現在は、ランドマークタワーが望めるマンションの最上階にお住まいのF様。ご夫婦のお好きなグリーンエクステリアに囲まれた素敵な10帖ルーフテラスもあります。
今回、ご主人様の定年退職を機に山北町での住替え移住のご計画とのことでした。

ご夫婦の住まいのご要望は、『眺望を活かしたご夫婦とチビ太との愉しい終の棲家』
チビ太とは、お二人が可愛がっている猫ちゃんです。最近はすっかり大きくなって、チビ太ではなくなってしまったとか(笑)

今回の設計テーマは『眺望と共に暮らす』
眺望を主役にした住まいのあり方は、風景にただ開くだけではありません。それぞれの空間に眺望を見るだけでなく、感じることのできる様に設計します。

計画地の最大の特徴は、富士山~相模湾まで一望できること。まさに眺望の御馳走です。
しかしながら、眺望の御馳走を人の視野範囲で一度に楽しむことはできません。
出来たとしても、ただ風景に開くだけの住まいになります。

そこで設計したプランコンセプトが、「2FACE × 2VIEW 」 2つの空間に分けて、2つのシチュエーションより眺望を感じる空間を設計

West volume:VIEW①
富士山と山々の稜線を楽しむ

計画地(南西方向):富士山

2F:LDK+SKY Terrace
まさに眺望の御馳走。
2階のLDK吹き抜け勾配天井より、富士山と山々の稜線を堪能できます。
ご主人様とチビ太ちゃんが楽しみにしているスカイダイニングは、キャットウォーク兼用の設計です。床に腰を掛けて外部に設置されたテーブルでお酒と眺望を楽しむことができます。

East volume:VIEW②
相模湾の地平線を望む

計画地(南東方向):相模湾と山々の稜線

2F:和室(ゲストルーム)
天井高さをあえて抑えた、和室(座の空間)。南東の角に設置された障子窓より相模湾の地平線を望む1階部分は、ご夫婦の寝室と水回りでのプライベートエリアで設計。
外観はグレ-のアースカラーで落ち着いたモダンテイストで仕上げます。大屋根の軒先にテーパーをつけることで建物のボリュームを軽やかに演出し、大きく迫り出した2階のスカイテラスはアクセントになります。

完成イメージパース

STOVES

F様邸にもストーブを設置します。
本日は、鎌倉の長谷にある株式会社ノーザンライトストーブでお打合せです。
弊社がお世話になっているストーブ業者様です。
いつも丁寧なご提案ありがとうございます。

ノーザンライトストーブ鎌倉の店長鈴木さんと熱心にお打合せ中のF様。
ストーブの機種も決定したのでさっそく設計プランに反映します。

設計担当者より

設計部 興津

建物をV字型に計画することで眺望も分割されるのでそれぞれの眺望にあった空間を配置します。ご主人様の趣味のひとつが『気球乗り』とお聞きしました。高いところがお好きなので、眺望と高さも今回のプランのポイントです。キャットウォーク兼用のスカイダイニングでの晩酌が楽しみですね。

2月吉日。
空気の澄んだ気持ちの良い天候の中、地鎮祭が執り行われました。

神主様が声高く床鎮めの安全を祈願致します。
F様ご夫婦も神職様と一緒に神様へお祈りを。
天候にも恵まれ、富士山がとても綺麗です。

鍬入れの儀。
ご夫婦で一緒に土地に初めて手を入れさせていただきます。

ご夫婦で記念撮影。
いよいよこれから建築工事着工です。
どうぞ引き続きよろしくお願いします。


リバーサイドの二世帯住宅

お母様とお嬢様ご夫婦が住む二世帯住宅のお建て替え計画です。
敷地は秦野駅徒歩圏、水無川沿いの閑静な住宅地の一角です。

設計担当の青木が語る設計コンセプト


A バイクガレージハウス

バイクと整備がご趣味のご主人のためのバイクガレージは、住まいの中からもアクセスできる動線に配慮しました。

B テレワークスペース

子世帯が住まう2階のLDKから続く小上がりのロフトは、ご夫婦の書斎としてテレワークにも対応したスペースです。

C アウトドアリビング

子世帯用の広い2階バルコニーとお母様用の1階の広いテラスは、それぞれのLDKに連続したアウトドアリビングが実現できるプランになっています。

さわやかに澄み切った空の下、地鎮祭が無事催行されました。
おめでとうございます!

やり方地業

まずは測量機を使って建物の位置と高さを決めます。

防湿フィルム

地面からの湿気を防ぐ防湿フィルムをコンクリートの下地に敷きこみます。

配筋検査

鉄筋の設置(配筋)完了後、第三者機関がチェックします。
重要な検査工程です。

型枠工事

ベースコンクリート完成後、鋼製の型枠を組み立て、立ち上がり部分のコンクリートを打設します。

基礎完成

立派なべた基礎が完成しました。
まもなく上棟です!

床下断熱

基礎コンクリートの上に土台を緊結。
分厚い床下断熱材を隙間なく敷きこみます。

剛床

その上に構造用合板を並べて止付けます。
1階の剛床が完成しました。

建て方開始

いよいよ「建て方」がスタートしました。
まずは1階の柱組から始まります。

二階床組

柱の上に2階の床梁(ゆかばり)を井桁に組み上げます。

小屋組

片流れの大屋根の形が見えてきました。

雨に濡らさない家づくり

無事に上棟です。
おめでとうございます。
大切な建物を風雨から守るためにブルーシートで包み込んで作業終了です。

外壁工事

工事もだいぶ進みました。
外観の形がほぼ出来上がって来ています。

断熱工事

内部はこれから吹付断熱工事に入ります。
すでにサッシが取り付けられ部屋の雰囲気が分かるような状態になりました。

断熱材が吹き付けられた様子。

お母様寝室

弊社旧モデルハウス「ボレロ」

1階のお母様に主寝室には、弊社旧モデルハウス「ボレロ」の寝室に造作した本棚とほぼ同じ仕様の造作棚を作りました。仕上げの塗装もお母様のご希望でホワイト色で仕上げます。アーチの下がり壁を気に入って下さっているK様。所々にアーチを作り、可愛らしさも演出しました。

1階リビング

レンジフード反対側の壁に飾り棚、キッチンカウンターの下にもカウンターを設けました。間には新進オリジナルタイルを貼らせて頂く予定です。

2階リビング

2階の気持ちのいい勾配天井にはパインのパネリング材を丁寧に貼っていきます。
表わしで見える予定の梁ともよく合っていますね!

勾配天井のパネリングを貼り終えたところを別角度で。
ダイナミックさが伝わると嬉しいです。

2階洗面室

カウンターの横には弊社標準仕様の洗面化粧台LIXILピアラの下台のみを設置し、造作洗面風に仕上げます。奥に見える棚の背面にはコンセントが設置されておりドライヤーをそのまま仕舞える場所になっています。奥様セレクトのタイル貼や造作のミラーを付けて完成です。ご希望通りの仕上がりになる事を願っています!

ご家族のプロフィール

現在は、川崎市の社宅にお住まいの西川様ご一家。ご夫婦と2歳になるご長女との3人暮らしです。
大阪ご出身のご主人は、東京都心までご通勤なさっています。
奥様は、北海道のご出身。高校時代には、卓球のインターハイで代表選手としての出場経験がおありです。
ご長女のNちゃんは、人懐っこく、かわいらしい女の子です。

西川様とのご縁のきっかけは、ウェブ検索から資料請求していただいたことから始まりました。
2020年5月、資料請求後に早速オペレーターの大島が対応させていただきました。
多くの他社と一緒に検索なさったそうです。その中でも新進建設の対応の良さをご評価いただきました。

担当者より

設計部 大島

最初にお電話でお話しさせていただいた時に、『木の家を造りたいんです』と奥様が明るいお声でお話しされていらしたのを、鮮明に覚えています。
その後すぐにご来場いただき、モデルハウス『桧の香』をご見学され、とても気に入っていただきました。 まさに『桧の香』が、西川様と新進建設のキューピッド!
多くの会社の中から、新進建設をお選びいただきまして、心より感謝申し上げます。

桧の香との出会い

弊社モデルハウスの桧の香にご興味をいだき、住まいる市場へご来場していただきました。土間、吹き抜けがお二人の感性に強く響いたようです。
その後、不動産担当の中村、設計担当の田端と土地探しのご相談をお受けしました。

東京都心へご勤務されるご主人。通勤と出張の利便性を考え、小田急線町田駅徒歩圏の物件を中心に、本格的な土地探しがスタートしました。

モデルハウス「桧の香」玄関土間

土地探しが難航

町田駅徒歩圏の候補地にプレゼンテーションを繰り返すものの、どの候補地もタッチの差で買い逃してしまいます。

第4の候補地が今回の家づくりをスタートさせる土地になりました。(4度目の正直!)

これまでの物件に比べて駅までの距離は短く便利でしたが、

・面積が若干小さい
・変形地

といういくつかの不安点がありました。

しかし、設計担当の田端がご提示したプランは、西川様のご不安を十分に払拭できる内容でした。

2020年9月、土地のご契約に至り、本格的な設計のお打ち合わせがスタートしました。

不動産・融資担当者より

不動産部 中村

土地探しが難航し、まさかの3連敗・・・心折れそうになりましたが、西川様の熱量に負ける訳にはいかず、現地確認の繰り返しで巡り合った今回の土地は、ガッツポーズでした。
西川様同様、完成を楽しみにしている一人です。

設計担当者より

設計部 田端

上記は、候補地に設計した没プランです。いくつかの候補地にプランニングを重ねるうちに、徐々に西川様のご要望を具現化することができました。

玄関の土間

広い土間玄関は、桧の香ファンの西川様の第一リクエストです。
造作のシューズクロークの中には、お子様のために手洗い場を設えました。

リビング側からの玄関土間 ※完成予想パース
モデルハウス「桧の香」玄関土間

大黒柱

玄関、リビング、ダイニング、和室。
四つの要素の中心に屹立した大黒柱が、2階まで伸びる吹き抜けのリビングルームは、西川様邸の主役です。

2階まで伸びる大黒柱 ※完成予想パース

吹き抜けでリビングと繋がる2階のファミリーホール

西川様邸に子供室はありません。11帖の広いホールは将来の分割計画を考慮して、要所に柱と梁を設置しています。
当分の間は、お子様の広いプレイルームとして活躍するでしょう。
卓球台を設置すれば、雨の日でもお風呂上がりにでも好きな時にご家族で楽しむことができますね。

ファミリーホール ※完成予想パース

洗面脱衣室に直結した家族用のウォークインクローゼット

奥様の第1リクエストは、洗面脱衣室に隣接したウォークインクローゼットです。
洗濯〜乾燥〜収納が一体になった、便利な家事同線を実現しました。

※完成予想パース

思わぬハプニングがありました。

お打ち合せが進み、設計の田端と嶺山、コーディネーターの河西が同行して水回りのショールーム見学をしている時でした。

ここで思わぬハプニングが!

ユニットバスのシャワー水栓を何気なく開いてしまったお子様。
あっという間にずぶ濡れになってしまいました。

実は、ショールームには一箇所だけ実際に水が出る場所があったのです。

突然のハプニングでずぶ濡れになってしまい、着替えなど持ち合わせているわけがありません。そこで、新進建設のスタッフ用のポロシャツにお着替えしていただきました。
サイズはもちろん大人用なのですが、ワンピースのようにかわいく着こなしてしまったお子様。ハプニング後のこの笑顔!

新進建設のスタッフ様ポロシャツをかわいく着こなしたNちゃんの笑顔にスタッフ一同癒されました。

IC担当者より

設計部 河西

ショールームでのハプニングではずぶぬれになったNちゃんのニコニコの笑顔が印象的でした。 風邪をひかないか心配でしたが、ご夫婦の大らかな対応に救われました。

10月の大安吉日の某日。
雲ひとつない秋晴れの好日でした。西川様邸の地鎮祭が催行されました。

秋晴れのファミリーショット

いよいよ着工です。
引き続きよろしくお願いいたします!

配筋

鉄筋の配置(配筋)が完了しました。
第三者機関の検査後、コンクリート打設します。

型枠

ベタ基礎のベースコンクリートを打設しました。
立ち上がり部分の型枠を組み立てます。

基礎完成

型枠を取り外すときれいなベタ基礎の完成です。

手起こし

道路事情から今回はクレーン車を使わない人力による「手起こし上棟」です。
職人さんたちの気合とパワーが伝わってきます。

大黒柱

1階から2階まで建物を貫く桧の大黒柱が取り付けられました。
傷をつけないようにきれいに養生されています。

  

梁組

2階の柱の上に小屋(屋根)梁を組み上げます。

棟木

頂上部に水平材(棟木)が取り付けられました。
上棟の瞬間です。

屋根組み

屋根の流れ方向に沿って垂木(たるき)が取り付けます。
次第に屋根の形が見えてきました。

大屋根

垂木の上に構造用合板を緊結します。
西川様邸のシンボルである大屋根が姿を現しました。

四方固め

作業終了後、工事の無事安全を祈願して、西川様ご夫妻と棟梁の大沼大工さんが四方固めを行いました。
無事に上棟完了です。
本日は誠におめでとうございます!

住まいる市場でコーディネーターの藤間と仕様打合せ

ご家族のプロフィール

K様ご一家は、ご夫婦とわんぱく盛りの元気な男の子ふたりの四人家族です。川崎市鷺沼の閑静な住宅地をご購入されたK様。
まずは、工務店選びから家づくりがスタートしました。


K様と新進建設の出会いは、ウェブサイトSUUMO注文住宅の工務店検索からでした。

工務店数社に一括資料請求後、当社のオペレーター大島のレスポンスの良い対応をご評価いただき、設計プレゼンテーションに繋がりました。

担当者より

設計部 大島

K様のお家造りのパートナーに、新進建設をお選びいただきまして、誠にありがとうございます。 最初のお電話では、奥様とお話しをさせていただきまして、ご契約間近の土地がお有りになられる等、とてもご丁寧に状況をお聞かせいただきました。 当社新進建設の家造りについてお話しさせていただいたり、K様からのご質問をいただいたりと、とても楽しくお話しさせていただいたことを覚えています! 新しいお家での、お子様たちの成長や、ワンちゃんとの生活が楽しみですね。

第1回設計プレゼンテーションは、小田原・蓮生寺モデルハウスで行いました。

蓮生寺モデルハウスは、床面積38坪の4LDK。
とてもリアリティーのあるモデルハウスです。
その後、数回のお打合せを経て無事にご契約。

決め手は、『夢のある自由設計とお打ち合せの楽しさ』だったようです。
ありがとうございます。

蓮生寺モデルハウスのリビングルーム
蓮生寺モデルハウスの寝室

K様邸完成予想画

グレイッシュな外観デザイン。ガレージの奥が玄関です。

設計担当者より

設計部 田端

寄棟屋根の深い軒先が描く水平線が外観の特徴です。 道路と敷地を隔てるパーティションウォールは、ガレージの役割も果たしています。 外構と一体になった中庭型プラン。プライバシーと開放感を両立しました。

IC担当者より

設計部 藤間

事前に確認事項やイメージの共有などを進めさせていただく中、K様の家づくりに対する思いが強く伝わりました。 その思いが形になるようスタッフ一同がんばります。

前日の風雨が嘘の様に晴れ渡った秋空の下で地鎮祭が厳かに催行されました。
おめでとうございます。いよいよ着工です。

地縄

配置図に沿って建物の位置を表示する「地縄張り」から工事がスタートします。

配筋

コンクリートの打設前に鉄筋を組み立てます。

深基礎

道路の傾斜に沿って基礎コンクリートを深く根入れする「深基礎」です。

基礎完成

鉄筋コンクリート造のべた基礎が完成しました。
静かに上棟の日を待ちます。

土台敷

まずは柱の下地である「土台」を基礎の上に緊結します。
青や赤のチューブは床下の給排水配管とヘッダーです。

先行足場

上棟に先立って鉄鋼の足場を組み立てました。

1階建て方

上棟初日。1階の柱組みから作業開始です。

剛床工法

分厚い構造用合板を2階の架構に緊結します。耐震力を高める剛床工法です。
穴が開いている部分がリビングの吹抜けです。

2階建て方

剛床の上に2階の柱を建付けます。

屋根組み

複雑な屋根の形が現れてきました。

上棟

最上部の水平材「棟木」が取り付けられました。
上棟おめでとうございます!

雨に濡らさない家造り

建物全体をブルーシートで覆い、お客様の大切な建物を風雨から守します。
無事に作業が終了しました。お疲れ様です。
これから本格的な木工事が始まります。

ご家族のプロフィール

K様は、ご夫婦とかわいいお嬢様ふたりの四人家族です。
週末はほとんどキャンプ場でお過ごしになるくらい、アウトドアライフが大好きなご一家です。

立野台は秦野を代表する閑静な住宅地です。
当社の分譲地をご購入いただいたご縁をきっかけに、K様と新進建設の家づくりが始まりました。

立野台分譲地

不動産・融資担当者より

不動産部 中村

ご近所という事もあり、ご来場頂きました。南ヶ丘小学校区で探されていて、いくつか土地のご案内をさせて頂いた中で、立野台分譲地を気に入って頂きました。着工となりまして、いよいよ描いたものが現実となってまいります。K様もワクワクされている中、私も完成を楽しみしております。 
設計編

アメリカンハウス

ご夫婦ともに海外経験が豊富なK様。
特に奥様が以前ホームステイしていたアメリカ西海岸の住宅の印象が、K様邸のデザインのベースになりました。

蓮生寺モデルハウスのカバードポーチ

K様邸完成予想画

カバードポーチ

玄関とテラスをウッドデッキでつなげる「カバードポーチ」はアメリカンハウスの代名詞です。L型に屈曲したカバードポーチと、深緑のラップサイディングがK様邸のデザインポイントです。

勾配天井のLDK

屋根の形をそのままに表した勾配天井のリビングダイニング。
天井の太い梁とまどのモールディングが印象的なインテリアは、無垢のフローリングと珪藻土の塗壁に包まれた清々しい空間です。

設計担当者より

設計部 田端

無駄な廊下をなくし、リビングを住まいの中心に配置したK様邸は、グリーンのラップサイディングに純白の窓枠が映える素敵な外観です。 お庭に続くウッドデッキでアウトドアライフを満喫してください!

IC担当者より

設計部 小柳

いよいよ着工ですね。オールラップサイディングの外観は、まさにアメリカン住宅のイメージそのもので今から完成が楽しみです。 お二人の穏やかなお人柄そのままに優しい柔らかな雰囲気のご新居になるんだろうな、と感じています。これからもお打合せが続きますが、引き続きよろしくお願い致します。
地鎮祭編

年の瀬が迫った師走の吉日。
地鎮祭がご催行されました。
ご家族揃って「鍬入れ(くわいれ)」です。


着工は2021年1月です。どうぞお楽しみに!

根切り

重機が基礎のりを掘削する「根切り」から工事が始まりました。

防湿フィルム

地盤から発生する湿気の立ち上がりを防止する「防湿フィルム」が、基礎下全体に敷設されました。

配筋

構造図に従って鉄筋が組み立てられました。
この段階で第三者機関の配筋検査が実施されます。

ベースコンクリート打設

基礎底盤のコンクリートを打ち込みます。

型枠

コンクリートの硬化後、立ち上がり部分の型枠を組み立て、再びコンクリートを打設します。

脱型

型枠を脱型すると、きれいなべた基礎が姿を現しました。
上棟に先立って床下の給排水管を配管します。

基礎完成

基礎工事完成です。
敷地全体を綺麗に養生して上棟の日を待ちます。

土台・大引

基礎コンクリートの上に土台を緊結します。
井桁に組まれた角材は床を支える「大引(おおびき)」です。

床下断熱

分厚い断熱材を大引の間に敷き込み、その上に剛床を緊結して1階の床下地を作ります。

養生

上棟日までブルーシートできれいに養生します。
雨に濡らさない家づくりの一環です。

1階建て方

雨天続きで順延し、待ちに待った上棟日がやってきました。
まずは1階の建て方です。

剛床

2階の床組の上に剛床を緊結します。

2階建て方

剛床の上に2階の柱組を建付けます。

屋根組み

かわいい2階の屋根の形が見えてきました。

登り梁

太い斜め材はリビングルームの「登り梁(のぼりばり)」です。

垂木

細い斜め材の「垂木(たるき)」を組み立てると屋根の形が現れます。

トップライト

リビングルームに燦燦と光を降り注ぐ天窓が屋根に取り付けました。

上棟完了

無事に上棟作業が終了しました。おめでとうございます。

白金でウェブ関係のお仕事をされているT様。
長年の夢だった田舎暮らしを実現するため、小田原にある川沿いの自然豊かな場所に土地をご購入されました。
打合せ期間中にご結婚され、幸せいっぱいのお二人です。
打合せでお越しになる際には、地物食材をご堪能しているそうです。

皆様が集うお部屋の中心には、将来薪ストーブを置かれるご予定。
ゆらめく炎と、薪のはじけるパチパチという音。ゆったりとした時間が流れることでしょう。

T様がご購入された土地は、細長い三角形の一風変わった敷地形状。
周りの自然を取り込むよう、敷地に合わせてお家も三角形に設計しました。

T様邸完成予想画

設計担当者より

設計部 冨田

富士山が見える気持ちのいい敷地、三角形の敷地形状に合わせたスタイリッシュな建物です。バルコニーから小田原の山並みを楽しめます。建物完成後も、広いお庭には池を作ったりとDIYを楽しまれるそうです。夢が広がりますね!

ショールーム見学

ショールームで住宅設備の選定をして頂きました。
中でも施主様のこだわりは大好きなお風呂!シャワーヘッドや浴槽の形など、実際に触って確かめて頂きました。

2020年12月、T様の地鎮祭が執り行われました。
天気が良く、小田原の山並みや富士山がきれいに見えました。
これから基礎着工へと入っていきます。
引き続きよろしくお願いします。

防湿フィルム

基礎の下地を造成する砕石事業を終え、地面からの湿気を防ぐ防湿フィルムを敷き込みます。

配筋

鉄筋を順に組み立てていきます。建物が大きいので鉄筋も大量です!

型枠

型枠を組み立てコンクリートを打設します。深基礎がある難しい三角形の建物。技術が必要です。

基礎完成

型枠を取り外し設備配管を通しました。
テラスの土間も姿を現し、基礎工事完了です。

土台

コンクリート基礎の上に土台を敷設し、アンカーボルトで固定しました。

1階柱

上棟作業が始まりました!まず土台の上に柱、そして梁を組み立てていきます。

2階床梁

引き続き2階の床梁を架け渡していきます。高所での大工さんの作業、さすがです。

2階床

2階床梁の上に工場用合板を敷設し金決します。

小屋

1階同様、2階にも柱と梁を架け渡していきます。

垂木

屋根の下地となる垂木・立ち上がり部のパラペットが取り付けられました。
外観デザインを邪魔しないよう考えられた特徴的な屋根です。

屋根

耐水性のあるシージングボードを貼り、この後屋根材まで仕上げていきます。
夕景の富士山がとてもキレイ!一日掛かりの上棟作業を労うような景色です。

W様ご夫婦、ご長女とご長男の4人家族が暮らす家づくりがスタートしました。

お母様とお嬢様。
キッチンのショールーム見学にて。
おそろいのお手製マスクが素敵です。
ご長男とお父様。
完成模型はご長男の手作りの力作です。
スタッフ一同、大感動でした。
どうもありがとうございます。

お建替え&分譲

築40年の旧家のお建て替えです。
敷地は、小田急線鶴巻温泉駅徒歩圏でありながら約170坪の広大な土地です。
敷地の約半分を使って新居をご新築、残りの土地を当社が買取り分譲します。
不動産・資金計画・設計施工のワンストップサービスをモットーとする新進建設ならではのご計画です。

不動産・融資担当者より

不動産部 中村

お建て替えのご計画に加えて、ご自宅敷地の売却も同時にご相談頂きました。鶴巻温泉駅徒歩圏内の魅力的な土地という事もあり不動産部として是非にという事で、売買にも快く快諾頂きました。お施主様の希望としてはお引っ越しは新築完成時のみとしたいという事もあり、弊社との売買が成立後も今のお家で過ごせるという事でご安心を頂きました。全てをお任せ頂ける事をとても嬉しく思っております。お施主様と同じ位完成が楽しみです。

出会いはパッチワーク教室

当初はハウスメーカー数社に相談したものの、ご要望にマッチした提案が得られませんでした。そんな折、お母様が主宰するパッチワーク教室の生徒さんから新進建設の評判を聞き、モデルハウス「桧の香」へご来場。当社とのご縁が始まりました。

モデルハウス「桧の香」

和モダンデザインツアー

大人4人家族のW様。ご要望のテイストは「落ち着いた和モダン」です。
そこで新進建設が手掛けた、和モダンデザインの外観ツアーの後、大磯の貝戸様邸を内覧していただきました。
しっかりした施工例にご安心いただき、本格的な設計がスタートしました。

和モダンデザインツアーの一邸、秦野市今泉台の家
大磯貝戸様邸

設計担当者より

設計部 冨田

コストを抑えながら最大限お部屋をお取りした工夫の詰まったプランです。お母様が大事にされているアンティーク家具を引き続きお使いになれるよう、家具配置も一緒に考えせて頂きました。 大屋根のかかるダイナミックな外観、完成が楽しみですね。

IC担当者より

設計部 小柳

内装は穏やかなご家族の雰囲気とリンクするようなメープル系の優しい色調でまとめています。ところどころ奥様がお持ちのアンティークの建具などをはめ込む予定で個性が感じられるインテリアになると思います。今回は造作の洗面化粧台ですが、壁に貼るタイルがパッチワークの「ヘキサゴン」と同じ個性的なタイルなので個人的には仕上がりがとても楽しみです。大屋根やダイナミックなコートラインも安定感のある外観のなかで印象的な雰囲気を演出してくれると思います! 完成を楽しみにしています。

鍬入れ(くわいれ)

節分明けの二月吉日
地鎮祭がご催行されました。
工事の安全を祈念して、掛け声とともにご主人の鍬入れです。

記念撮影

新築工事完成後に解体させていただく旧家をバックに記念撮影です。
本日は誠におめでとうございます。

配筋

コンクリートのかぶり厚さを確保するスペーサーを入れながら鉄筋を組んでいきます。

鎮め物

地鎮祭時にお預かりした鎮め物(しずめもの)を埋め、工事の安全を祈念します。

配筋検査

第三者機関による検査。無事合格です。

型枠工事

鋼製の型枠を組み立て、コンクリートを打設します。段々と形になってきました。

基礎完成

型枠を取り外すと、綺麗な基礎が現れます。基礎工事完了です!

 

●お二人でサーフィンが趣味というご夫婦のリクエストは『アメリカンハウス』。
●湘南平を臨む広大な敷地にふさわしい、重厚さも備えたプレーリー(草原)様式の
 アメリカンスタイル『COVERS(カバーズ)』デザインの外観
●『温故知新』…奥様の祖父母様がお住まいになられていた住宅の大黒柱を再利用。
 古き良き建材が、新しい住宅で素敵に生まれ変わります。
●LDKはオープンプランニングで広々とした空間を実現。
 アウトドアリビングとして機能するウッドデッキへとつながり、更なる大空間へ。
 ご友人を招いての、ホームパーティーが楽しみですね。

祖父母のお住まいであった建物の神棚も再利用。
どう生まれ変わるのでしょうか。

インテリアコーディネーターとの打ち合わせ。
住まい・る市場でサンプルを御覧いただきながら、お好みのスタイルをセレクト。
素敵なお家を一緒に造り上げていきます。

地鎮祭

連日雨の中天候が心配でしたが晴れ女の現場監督の織田のお陰か、気持ち良い青空の中Y様の地鎮祭が執り行われました。

神主のお祓い後にお施主様による鍬入れの儀になります。

お施主様の玉ぐし拝礼です。

お施主様、両親による四方祓いで土地を清めます。

最後に記念撮影です。
天候に恵まれ良い地鎮祭になりました。
後日基礎着工へと入っていきます。
安心安全に工事を進めていきます、引き続きよろしくお願いします。

基礎編

遣り方をして掘削作業に入ります。

外枠を立てるための捨てコンクリートを打ち、手作業で平らにならしていきます。

砕石を転圧したあと透湿シートを張り、地中の熱や水分の上昇を防ぎます。

配筋を組みます。

土間職人によって表面を綺麗に仕上げたら、ベース打設の完成です。

立ち上がりの枠を組みます。

ポンプ車を使用して生コンを型枠へ流し込みます。

立ち上がりの打設が完了です。

立ち上がり打設後、天端にセルフレベリング材を流して平滑に仕上げます。

型枠を外したら、基礎の完成です。

上棟編

柱を番付通りに配ります。

1階の柱を順に立てて行きます。

柱を立ち上げたら、横架材(梁)を架けていきます。

2階の床下地になる大引きを組みます。

大きな横架材はレッカー車によって架け渡します。

2階の床(剛床)を敷いていきます。

1階同様に2階に柱を立て、横架材を架けます。

棟が上がり、上棟の瞬間です。(一番高い部分)

母屋に垂木をかけて屋根下地を作ります。

ブルーシートで養生をして完成です。
いよいよ、木工事のはじまりです。

工事編

バルコニーにFRP防水処理を施します。

サッシの取り付けが完了した後、ウレタン吹き付け工事を行いました。
洋室の窓から日差しが入り気持ちよさそうです。

階段はすべて大工さんの手造りです。
集成材で仕上がる階段が楽しみですね。

東西南の屋根に太陽光パネルが設置されました。

玄関の天井にパイン材を取付ました。
入口から印象が変わり、木の温かさを感じられます。

外壁に石を貼り終え、サッシ周りにシーリングを施します。

木工事が完成し、いよいよクロス工事に取り掛かります。
石膏ボードのつなぎ目やビス穴にパテ材を塗り込んで平らにしていきます。

キッチンの施工が完成しました。
キッチン背面にはカウンターが取り付けられ、その上にはタイルを馬貼りにしていきます。

内部石貼りが完了しました。
テレビ掛けの下地材を塗装し、いよいよ内部仕上げも完成となります。

造作階段に手すりが取り付けられ、塗装が施されました。
世界に一つだけのY様邸階段の完成です。

会社員のご主人様とピアニストの奥様様ご家族。
奥様のピアノ教室も兼ねたご自宅の建築です。

ピアノ教室は大きなガラス張りで開放的な印象ですが、居住空間は前面のパーティションウォールで十分プライバシーを確保できるようなプランです。
玄関を入るとホールと階段室が一体になっており外部の壁の印象とは一転するような明るさが演出できる予定です。

設計担当者より

設計部 興津

旗竿地の通路を歩いて建物へ近づくと大きなフレームが現る。ここで外部との視線を遮るように配慮された設計になっており、あえて玄関ドアもこの壁の裏側に配置し、プライベートな空間を見せず、ピアノ教室としてのパブリックな空間が建物の表情として印象的に表れるように計画しました。お子様が多く通われるピアノ教室のインテリアは明るい雰囲気にし、ガラス越しに見えるインテリアとエクステリアは対局のイメージでアクセントを加えました。シックなグレーとホワイトの外壁色で落ち着いたモダンな印象に仕上げます。

IC担当者より

設計部 小柳

毎回、笑いが絶えないK様とのお打合せ。何よりフランクにご希望を話して頂けるのでコミュニケーションが取りやすくいつもK様に助けられています。外観のパーティションウォールはいつもと違う「ソードストーン」という塗り方で仕上げます。面積も大きく初めての仕上げですので今から楽しみです!引き続きよろしくお願い致します。


K様のご親戚と弊社社長にお付き合いがあったご縁から、弊社にお建て替えのご依頼を頂きました。暮らしやすい平屋のご計画です。
解体工事からインフラ整備、外構工事まで、建物以外の工事もトータルでご提案させて頂いております。

ご子息も毎回お打合せに出て下さっており、とても和やかなお打合せです。
お孫様が遊びに来られた時のことも考えながら、角を丸くしたり、汚れに強い素材を使ったり…と、細かいところにも気を使っていらっしゃいます。
完成してご家族様が集まるのが楽しみですね。

キッチン側からの内装イメージパース

設計担当者より

設計部 冨田

すっきりとした和モダンの外観デザインがとても素敵です。 桧材をあしらった勾配天井をデザインしたリビングは、段差無しで和室と繋がります。 廊下幅は広く取り、扉は全て引戸で設計。K様・お孫様みんなに優しい仕様となっております。