●お二人でサーフィンが趣味というご夫婦のリクエストは『アメリカンハウス』。
●湘南平を臨む広大な敷地にふさわしい、重厚さも備えたプレーリー(草原)様式の
 アメリカンスタイル『COVERS(カバーズ)』デザインの外観
●『温故知新』…奥様の祖父母様がお住まいになられていた住宅の大黒柱を再利用。
 古き良き建材が、新しい住宅で素敵に生まれ変わります。
●LDKはオープンプランニングで広々とした空間を実現。
 アウトドアリビングとして機能するウッドデッキへとつながり、更なる大空間へ。
 ご友人を招いての、ホームパーティーが楽しみですね。

祖父母のお住まいであった建物の神棚も再利用。
どう生まれ変わるのでしょうか。

インテリアコーディネーターとの打ち合わせ。
住まい・る市場でサンプルを御覧いただきながら、お好みのスタイルをセレクト。
素敵なお家を一緒に造り上げていきます。

地鎮祭

連日雨の中天候が心配でしたが晴れ女の現場監督の織田のお陰か、気持ち良い青空の中Y様の地鎮祭が執り行われました。

神主のお祓い後にお施主様による鍬入れの儀になります。

お施主様の玉ぐし拝礼です。

お施主様、両親による四方祓いで土地を清めます。

最後に記念撮影です。
天候に恵まれ良い地鎮祭になりました。
後日基礎着工へと入っていきます。
安心安全に工事を進めていきます、引き続きよろしくお願いします。

基礎編

遣り方をして掘削作業に入ります。

外枠を立てるための捨てコンクリートを打ち、手作業で平らにならしていきます。

砕石を転圧したあと透湿シートを張り、地中の熱や水分の上昇を防ぎます。

配筋を組みます。

土間職人によって表面を綺麗に仕上げたら、ベース打設の完成です。

立ち上がりの枠を組みます。

ポンプ車を使用して生コンを型枠へ流し込みます。

立ち上がりの打設が完了です。

立ち上がり打設後、天端にセルフレベリング材を流して平滑に仕上げます。

型枠を外したら、基礎の完成です。

上棟編

柱を番付通りに配ります。

1階の柱を順に立てて行きます。

柱を立ち上げたら、横架材(梁)を架けていきます。

2階の床下地になる大引きを組みます。

大きな横架材はレッカー車によって架け渡します。

2階の床(剛床)を敷いていきます。

1階同様に2階に柱を立て、横架材を架けます。

棟が上がり、上棟の瞬間です。(一番高い部分)

母屋に垂木をかけて屋根下地を作ります。

ブルーシートで養生をして完成です。
いよいよ、木工事のはじまりです。

工事編

バルコニーにFRP防水処理を施します。

サッシの取り付けが完了した後、ウレタン吹き付け工事を行いました。
洋室の窓から日差しが入り気持ちよさそうです。

階段はすべて大工さんの手造りです。
集成材で仕上がる階段が楽しみですね。

東西南の屋根に太陽光パネルが設置されました。

玄関の天井にパイン材を取付ました。
入口から印象が変わり、木の温かさを感じられます。

外壁に石を貼り終え、サッシ周りにシーリングを施します。

木工事が完成し、いよいよクロス工事に取り掛かります。
石膏ボードのつなぎ目やビス穴にパテ材を塗り込んで平らにしていきます。

キッチンの施工が完成しました。
キッチン背面にはカウンターが取り付けられ、その上にはタイルを馬貼りにしていきます。

内部石貼りが完了しました。
テレビ掛けの下地材を塗装し、いよいよ内部仕上げも完成となります。

造作階段に手すりが取り付けられ、塗装が施されました。
世界に一つだけのY様邸階段の完成です。