●民泊宿泊事業者様からのご依頼。箱根駅伝ゴール近くに2棟建ての旅館が建築されます。
●外観デザインは和モダンを基調にデザインされています。
●温泉引込工事させて頂く、温泉旅館となります。

打ち合わせ

芦ノ湖駐車場近く、交通の便も良い計画地です。コロナ禍で遊覧船は運航中止となってりました。本来は賑やかな観光地です。

芦ノ湖ゴールの石碑です。観光シーズンと年末年始は大変込み合います。

基礎

いよいよ着工の日を迎えました。
建物の土台となる基礎工事を進めるに当たり、基礎の位置、高さ等を出す為に
木杭と貫を使用して「遣り方(やりかた)」を実施しました。

遣り方を基に「根切」という掘削工事に着手しました。
この時までは天候も良く、順調に工事が進んでいくかのように思われました。
しかし・・・。

深基礎部の根切に着手し始めてから連日の雨、雨、雨、そして霧。
せっかく掘った部分が台無しです。

それでも気持ちを取り直して工事再開です。
ぬかるんだ土を鋤取り乾いた土と入替え、砕石地業を行いました。

転圧をした砕石の上に防湿フィルムを敷き、基礎外周部の捨てコンクリート打設、そして型枠を設置しました。

これは深基礎部分の型枠の写真です。
捨てコンクリートから型枠の天端まで 約2mもあります。

深基礎部の型枠の補強の様子です。
単管パイプで突っ張り、同時にチェーンで引っ張るように施工されています。
この後、大量に流し込まれる生コンの圧力に耐えられるよう入念に作業しました。

配筋工事の全景です。
この日も そぼ降る雨の中の作業となってしまいました。

鉄筋が規定通り施工されているかチェックします。
現場監督の重要な仕事の一つです。

同じく深基礎部の配筋の様子です。
ここで上から物を落としてしまったらもう取れません。
iPhoneで写真を撮っているのですが、何度か落としそうになり慌てました。

ベース生コンの打設が完了しました。
この日も雨雲レーダーと にらめっこしながらの作業となりましたが打設中、打設後も何とか雨に打たれず終わる事ができました。
特に深基礎部の打設中は先に施工した単管パイプ、チェーンに緩みがないか、型枠に変形が生じていないか、型枠から生コンが漏れ出ていないか 気が気ではありませんでしたが、無事に打設を終えホッとしました。

基礎立ち上がり部の型枠が完了しました。
あとは打設日に雨が降らない事を願うばかり。

待ちに待った梅雨明け。
型枠解体、玄関の土間コンクリート打設も終わり、長かった基礎工事が完了しました。

敷地の一番奥からの写真です。
こうしてみると本当に長~い敷地だなとつくづく思います。

悪天候に悩まされましたが、鳶さんも妥協せずにきっちり仕事をして下さったお陰で、綺麗な基礎が完成しました。

上棟

上棟に先立ち、まずは「土台敷き」です。
大工さんが基礎の上に土台を据えていきます。
基礎の上からニョキっと突き出しているアンカーボルトの位置を土台1本1本に墨をして、ドリルで土台に穴を開けます。
アンカーボルト付近、柱が載る位置等に基礎パッキンを設置し、穴を開けた土台を所定の位置に据えて、専用のナットで締め付けます。

土台、大引きが据え終わり、床下断熱材取付金具の取り付けが完了したところでこの日の作業は終了です。

土台、大引き、床下の防蟻材散布を経て、断熱材の敷き込み、「剛床」の敷き込みが完了です。
「剛床」については「LakeForest」の家づくり日記をご参照下さい。

お盆休みを挟んでしまったので日にちが開いてしまいましたがこの日は先行足場工事です。
まだ見ぬ建物。設計図を頼りに頭で想像しながら、建物に干渉しないように、作業床の高さを大工さんを始めとした職人さんが使い易い位置になるように考慮しながら足場を組んでいきます。
これも大変な仕事です。本当に頭が下がります。

さあ いよいよ上棟日です。
ここは手前のLakeForestとは違い、クレーンが入りません。
「手起こし」です。
総勢11名の猛者達による手起こし上棟が始まります!

まずは番付け通りの位置に柱を立てていきます。
写真には事前に間配りした梁が写っていますが、梁背(梁の高さ)が300mmを超えるものがゴロゴロと・・・。
とっても重いのです。

1階の梁を架けていきます。
屈強な男 5人掛かりで1本の梁を架けます。
さあ、算数の時間です。
この写真の梁は 幅105㎜×梁背(高さ)360㎜×長さ約3,500㎜。です。
なのでこの梁の体積は0.132㎥となります。
これに材料密度係数0.4トン/㎥(桧、杉などの木材)を掛けると0.0528トンとなります。
ていうことは、約53㎏。
20㎏のお米を2袋、10kgを1袋、3㎏を1袋。これをまとめていっぺんに押入れの枕棚に持ち上げる感覚と言えば想像がつきますかね?
うーん。 重いですね。

こちらも1階の梁を架けている様子です。
この太い梁も大工さん5人掛かりです。
大工さんってすごいなぁと思う瞬間です。
これを見たお子さんが大工さんってカッコイイと思ってくれて、
「小学生の将来なりたい職業」の上位にランクインされればいいなぁ・・・。
上棟見学ツアーなんてあっても面白そうですが(笑)

1階の梁が架け終わり、羽子板ボルトを手分けして締め付けて行きます。
この日も非常に暑かったので羽子板ボルト締め、柱の垂直補正の後、休憩に入りました。
少し早めの水分、塩分補給です。

大工さんが主要箇所に「風防下げ振り」と「立ち起こし」と呼ばれるジャッキを使用し、柱を垂直に補正していきます。
下げ振りの目盛で垂直を確認したら「仮筋交い」で固定します。
とってもとっても重要な作業です。

さあ 作業再開です!
2階の床部分になる剛床の敷き込みです。
柱欠き等 プレカットされた厚合板を所定の場所に敷いていき釘打ち機で
打ち付けて固定します。

2階も1階と同様、柱を立ってて梁を架け、羽子板ボルトを締めていきます。
大工の皆さん、梁の上をスタスタと歩き、時にしゃがみ、そして立ち上がり軽快に作業をこなしています。

そして小屋組みです。
小屋束という短い柱を立て、そこに母屋、棟木といった横架材を架け、野地板の下地となる垂木を架けていきます。
強風に屋根が飛ばされないように、垂木は「タルキック」という長いネジと「ラフターロック」とう金物を専用ネジで締め付け 補強します。

捨て破風、広小舞、野地板の施工です。
この現場は屋根の勾配が6寸の為、通常よりキツイ勾配です。
降りる時や鼻先(軒先)での作業には特に注意が必要です。
6寸勾配は角度で表すと31°です。 実は結構 急 なんです。
峠道の道路標識で 10%勾配 なんで目にしますが、これは100m進んだら10m高さが増すという事を表していますが、10%勾配は角度に直すと5.7°。
かつて富士スピードウェイに30°バンクがあったそうですが、%で表記するとなんと58%。箱根峠の最大勾配は13~14%です。
興味がある方は「富士スピードウェイ30°バンク」で検索して下さい。
6寸勾配。イメージできましたでしょうか?

弊社の建物を濡らさないという方針のもと、ブルーシートでスッポリ覆い上棟作業の終了です。
決して大きな建物ではなくむしろ小さい方ですが、特徴的な屋根の形をしたカッコイイ建物になります。
次回、工事編、そして完成編にご期待下さい。