リバーサイドの二世帯住宅

お母様とお嬢様ご夫婦が住む二世帯住宅のお建て替え計画です。
敷地は秦野駅徒歩圏、水無川沿いの閑静な住宅地の一角です。

設計担当の青木が語る設計コンセプト


A バイクガレージハウス

バイクと整備がご趣味のご主人のためのバイクガレージは、住まいの中からもアクセスできる動線に配慮しました。

B テレワークスペース

子世帯が住まう2階のLDKから続く小上がりのロフトは、ご夫婦の書斎としてテレワークにも対応したスペースです。

C アウトドアリビング

子世帯用の広い2階バルコニーとお母様用の1階の広いテラスは、それぞれのLDKに連続したアウトドアリビングが実現できるプランになっています。

さわやかに澄み切った空の下、地鎮祭が無事催行されました。
おめでとうございます!

やり方地業

まずは測量機を使って建物の位置と高さを決めます。

防湿フィルム

地面からの湿気を防ぐ防湿フィルムをコンクリートの下地に敷きこみます。

配筋検査

鉄筋の設置(配筋)完了後、第三者機関がチェックします。
重要な検査工程です。

型枠工事

ベースコンクリート完成後、鋼製の型枠を組み立て、立ち上がり部分のコンクリートを打設します。

基礎完成

立派なべた基礎が完成しました。
まもなく上棟です!

床下断熱

基礎コンクリートの上に土台を緊結。
分厚い床下断熱材を隙間なく敷きこみます。

剛床

その上に構造用合板を並べて止付けます。
1階の剛床が完成しました。

建て方開始

いよいよ「建て方」がスタートしました。
まずは1階の柱組から始まります。

二階床組

柱の上に2階の床梁(ゆかばり)を井桁に組み上げます。

小屋組

片流れの大屋根の形が見えてきました。

雨に濡らさない家づくり

無事に上棟です。
おめでとうございます。
大切な建物を風雨から守るためにブルーシートで包み込んで作業終了です。

外壁工事

工事もだいぶ進みました。
外観の形がほぼ出来上がって来ています。

断熱工事

内部はこれから吹付断熱工事に入ります。
すでにサッシが取り付けられ部屋の雰囲気が分かるような状態になりました。

断熱材が吹き付けられた様子。

お母様寝室

弊社旧モデルハウス「ボレロ」

1階のお母様に主寝室には、弊社旧モデルハウス「ボレロ」の寝室に造作した本棚とほぼ同じ仕様の造作棚を作りました。仕上げの塗装もお母様のご希望でホワイト色で仕上げます。アーチの下がり壁を気に入って下さっているK様。所々にアーチを作り、可愛らしさも演出しました。

1階リビング

レンジフード反対側の壁に飾り棚、キッチンカウンターの下にもカウンターを設けました。間には新進オリジナルタイルを貼らせて頂く予定です。

2階リビング

2階の気持ちのいい勾配天井にはパインのパネリング材を丁寧に貼っていきます。
表わしで見える予定の梁ともよく合っていますね!

勾配天井のパネリングを貼り終えたところを別角度で。
ダイナミックさが伝わると嬉しいです。

2階洗面室

カウンターの横には弊社標準仕様の洗面化粧台LIXILピアラの下台のみを設置し、造作洗面風に仕上げます。奥に見える棚の背面にはコンセントが設置されておりドライヤーをそのまま仕舞える場所になっています。奥様セレクトのタイル貼や造作のミラーを付けて完成です。ご希望通りの仕上がりになる事を願っています!

K様・H様邸が完成しました。
ボリューム感のある立派な建物の完成です。
ホワイトとブルーのコントラストが清々しい重厚感のあるデザインです。
1階が親世帯、2階は子世帯の住居として住まわれる予定です。

4月24日(土)25日(日)の二日間にわたり開催させていだいた完成見学会は、多くのお客様にお越しいただき大盛況でした。 ご協力に感謝します。誠にありがとうございました!

お母様と娘様ご夫妻3人のお住まいはゆったりと開放感に溢れています。
パインのパネリング材を貼った勾配天井が気持ちの良い2階のリビングで記念撮影をさせて頂きました。

IC担当者より

設計部 小柳

K様、H様、建物の完成おめでとうございます。また、長期間に渡りお打合せにお付き合い頂きましてありがとうございました。お母様ご希望のタイル貼りや奥様こだわりの造作洗面、ご主人様の大切なガレージなど仕上がりはいかがでしょうか。これからもお付き合いが続きます。末永くよろしくお願い致します。

現場担当者より

鈴木

K様H様、ご新築おめでとうございます。秦野駅からもほど近い好立地でかつ、2世帯住宅の大きな建物の建築をお任せ頂き、ありがとうございました。工事中、ご迷惑をお掛けしてしまった点もあったかと存じますが、モデルハウスのような立派な建物に仕上がったのではと思っております。今後はお住まいを更にK様、H様の色に染めていって下さい。