最初にお越しいただいたのは1回目の緊急事態宣言下の4月の事でした。
照明も落とし気味な静かな住まいる市場にベビーカーで奥様と8か月のお子様でいらっしゃってくれました。
そんな住まいる市場内でも設計部は感染対策に努めつつ、通常に業務は行っておりましたので大歓迎です!
その後、IC担当の河西が施設内とモデルハウスのご案内をさせていただきました。
奥様からうかがった家のご要望もとても明確でわかり易かったです。

土地探しスタート

旦那様のご勤務先に近い小田原でのお土地探しからスタートです。
湘南・小田原地区での土地探しで業務提携をしているグッドエステート湘南の柏木氏をご紹介し、土地探しが始まりました。柏木氏はフットワーク軽く動いてくれるさわやかな営業マンです。土地探しが始まりましたが、なかなか希望にあうお土地に出会えず。
かれこれ半年近く探し続け今の板橋の駅近のお土地に巡り合えたのです。

設計の興津がプラン入れをしたのはこの板橋のお土地で4ヶ所目です。
第4の候補地が今回の家づくりのスタートさせるお土地になりました。
お会いして話を重ねていくうちにT様ご夫婦のご要望もつかめてきていました。

板橋駅近くの土地ということもあり、近隣商業エリアの住宅密集地での計画。
住宅密集地でありながら可能な限り明るい住まいにしたいとのご要望です。

設計担当者より

設計部 興津

南北に長い敷地に対して、一つの大きなかたまりで建物を構成することで、現れる圧迫感を可能な限り抑えることで居室空間の明るさはもとより、外部空間の明るさを取り入れる設計が今回の設計コンセプトです。3 Clump house(3つのかたまり)での設計として建物を削り出す。北側道路側から見ると3つのかたまりが高さを変えながら雁行しながら続いています。南側の庭側には、再度背の低いかたまりが現れます。

キッチン完成予想パース

IC担当者より

設計部 河西

奥様が今回の家づくりでもっとも力を入れていたのが「キッチン」です。 ブラックキッチンでスタイリッシュ且つ使い勝手もいいキッチンをお探しで、一緒にショールームを回りました。キッチンのご要望も明確で、ご要望に一番近く最終的にお決めになったのはトクラスの「Berry」でした。引き続きよろしくお願いいたします。

1月吉日
冬場れの気持ちの良い気候の中、地鎮祭が催行されました。
T様ご家族で神様へお祈りをします。
良いお家が無事に完成しますように。 願いを玉串に込めて。

鍬入れの儀です。
小さな身体で一生懸命!!「えい!!エイ!!えい!!」
癒されます。

最後は、T様ご家族で記念撮影です。
おめでとうございます。
いよいよこれから建築工事着工です。
引き続きよろしくお願いいたします。