会社員のご主人様とピアニストの奥様ご家族。
奥様のピアノ室も兼ねたご自宅の建築です。

ピアノ室は大きなガラス張りで開放的な印象ですが、居住空間は前面のパーティションウォールで十分プライバシーを確保できるようなプランです。
玄関を入るとホールと階段室が一体になっており外部の壁の印象とは一転するような明るさが演出できる予定です。

設計担当者より

設計部 興津

旗竿地の通路を歩いて建物へ近づくと大きなフレームが現る。ここで外部との視線を遮るように配慮された設計になっており、あえて玄関ドアもこの壁の裏側に配置し、プライベートな空間を見せず、ピアノ室としてのパブリックな空間が建物の表情として印象的に表れるように計画しました。お子様が多く通われるピアノ室のインテリアは明るい雰囲気にし、ガラス越しに見えるインテリアとエクステリアは対局のイメージでアクセントを加えました。シックなグレーとホワイトの外壁色で落ち着いたモダンな印象に仕上げます。

IC担当者より

設計部 小柳

毎回、笑いが絶えないK様とのお打合せ。何よりフランクにご希望を話して頂けるのでコミュニケーションが取りやすくいつもK様に助けられています。外観のパーティションウォールはいつもと違う「ソードストーン」という塗り方で仕上げます。面積も大きく初めての仕上げですので今から楽しみです!引き続きよろしくお願い致します。

5月吉日。
気持ちのいい五月晴れの中、K様邸の地鎮祭が執り行われました。
出席者全員で工事の安全を祈願します。

K様ご主人による力強い鍬入れの儀です。

続いて玉串拝礼の儀。
工事の安全を祈願します。

奥様による玉串拝礼。
無事に工事が進みますように。

最後に神職様も交えて記念撮影。
雲一つない青空のもと、皆様の笑顔が印象的な1枚です。

K様、完成までどうぞよろしくお願い致します。

K様邸の基礎工事着手しました!
防湿シートの敷設が完了です。

地鎮祭の時に出雲大社よりお預かりした鎮め物を担当現場監督の手でしっかり基礎の中に納めさせて頂きました!

鉄筋の組み立てが完了したところです。
ここから型枠にコンクリートを打設していきます。

型枠の立ち上がりにコンクリートを打設中です。
基礎工事も終盤に差し掛かってきました。

型枠を外したところです。
ほぼ基礎工事の完成です。

いよいよ上棟工事です。
基礎の上の土台敷からスタートです。

1階の柱が見えて来ました。

この日は天候が不安定で工事が中断したりとロスタイムもありましたがなんとか2階の床組まで来ました。
あとひと息ですね!

大雨が降った後は真っ青な気持ちの良い青空が見えて来ました!
工事は2階まで進みました。

ほぼ完成に近づきました。
この後屋根の下地を葺いて上棟終了となります。

無事上棟しました。
皆さんお疲れ様でした!

建物を清める四方祓いの後、お施主様と記念撮影。
堀江大工さんの嬉しそうな表情…(笑)
ご自宅がお隣りという事もあり、K様には細かなお打合せ等現場でご協力頂いております。

K様、完成までよろしくお願い致します!

工事が進み、サッシが取り付けられました。
ダイナミックな吹抜けの高天井部分のサッシです。

壁の断熱材アクアフォームの吹付断熱が終わり、堀江大工さんが黙々と床材を 張り上げているところです。
堀江さーん!頑張って下さーーい!!

玄関ドアを開けると開放的な玄関ホールが広がります。
先程の吹抜けのサッシはこの上部に取り付けられます。

壁の吹付断熱施工が終わると石膏ボードを貼って行きます。
中央に見える壁のくぼみはスイッチニッチになり、リモコンやスイッチを集約します。
かなり工事が進み、いよいよ完成に近づいて来ました。
完成をお楽しみに!