くず葉学園と建設予定地
完成予想画

秦野市菩提の豊かな森に包まれたくず葉学園は、神奈川県を代表する障害者福祉施設です。
活動棟は通所者の皆さんのための作業空間として計画されました。

構造は鉄筋コンクリート造の地下と、木構造の地上階からなる混構造2階建て。
延べ床面積は630㎡(約190坪)を超える大規模木造建築です。
また内外装は、大胆に現した国産の無垢の木材と珪藻土で仕上げる清々しい空間になる予定です。

梅雨入り前の6月吉日。
くず葉学園の理事長先生をはじめ関係者一同が集まり、厳かに地鎮祭が催行されました。

これから地下室工事がスタートします。
完成は2022年早春の予定です。
皆様どうぞお楽しみに!

現場担当者より

氏居

建設部部長の氏居です。新進建設初となる大規模木造建築の施工を担当させて頂く事になりました。くずは学園の利用者様、家族会様、学園関係者様と共に、より良い施設になる様に工事を進めます。宜しくお願いいたします。

基礎梁工事

くず葉学園活動棟は地下1階、地上1階の2階建です。

地下室工事がスタートしました。
太い鉄筋を組み立てて、配筋検査後にコンクリートを打設します。

地下室床スラブ工事

基礎梁の上に地下室の床を構築します。
中央の穴がエレベーター用のピットです。
断熱材(青色)を敷設したのちにコンクリートを流し込みます。

上層階床スラブ工事

上層階の床コンクリートが完成しました。
この上に木構造が組み立てられます。

地下室工事完成

地下室工事の鉄筋コンクリート工事が完成しました。
緩やかにカーブを描くデザインは、難しい工事でしたが無事に完了しました。
これから本格的な木工事が始まります。
お楽しみに!

くず葉学園活動棟の木材は東北復興を兼ねて、多くの福島県産材が採用される予定です。

木構造の上棟に先立ち、現場管理者の常務・氏居と設計課長の興津が製品検査を兼ねて、福島県いわき市の製材所を訪問しました。

原木

持続可能な東北の森から切り出された樹齢数十年の原木です。

製材・乾燥

原木の丸太はオートメーションで正確にカットされたのち、高温窯で強制乾燥されます。

木材内部の水分を蒸散させ含水率を一定水準以下に抑えることで、ゆがみの無い良質の製材に生まれ変わります。

強度試験

乾燥窯から出た製材を1本ずつ試験機にかけ、強度と含水率を測定します。

一定基準以上の品質をクリアした木材だけがJASの認定を受けることができるのです。
この後、合格した製材は詳細なホゾ加工を施し現場へ出荷されます。