桜土手の家

I様邸の敷地は平塚市下島を流れる渋田川の桜土手沿い、春は桜、夏は紫陽花と、四季折々の自然豊かな散策路に面しています。

2回目の家づくり

20年前にご新築された輸入住宅風のお住まい
完成予想パース

今回の家づくりはI様ご夫妻にとって終の棲家となるお建て替えです。
デザインは約20年前に新築された輸入住宅風のお家から一転、シックな和モダンデザイン。 そのきっかけは、当社のモデルハウス「桧の香」の出会いから始まりました。

ZEH&バリアフリー

I様邸のコンセプトはZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)&バリアフリーです。
大屋根に約10Kwの太陽光パネルを搭載した高断熱高気密構造で、エネルギーの自給自足を実現しました。
また、ゆったりとした階段や水回りの設えなど、終の棲家にふさわしいバリアフリーに配慮した設計になっています。   

間接照明のインテリア

インテリアのテーマは「間接照明」です。

リビングダイニングは勿論、玄関ホールやトイレに至るまで、素敵な間接照明を設えました。 完成が楽しみです!

玄関ホール
キッチン
I様ご夫妻

晩秋吉日

澄みわたった青空の晩秋吉日。
解体工事が完了した広い敷地で、I様邸の地鎮祭が催行されました。

鍬入れ

工事の着工を祝って、築山に鍬を入れます。

玉串拝礼

玉串を神前に納めて、工事の無事安全を祈念していただきました。

いよいよ着工

いよいよゼロエネルギーハウスの工事が始まります。
引き続きよろしくお願いいたします!

着工

工事が始まりました。
「遣り方(やりかた)」で建物の位置を確定し、基礎の周囲を掘削します。

配筋工事

鉄筋を縦横に配筋しました。
この段階で第三者機関の検査があります。

コンクリート工事

ベースコンクリートの完成後、立ち上げり部分の型枠を組み上げ、再度コンクリートを打設します。

基礎完成

十分な養生期間を経て、型枠を脱型すると立派なべた基礎の完成です。
給排水管を先行配管して、上棟の日を待ちます。

上棟前

上棟日までブルーシートを基礎全体に張りめぐらして、大切に養生します。

土台工事

鉄筋コンクリートの基礎の上に、耐久性・防腐性に優れた「桧」の土台を緊結します。
土台の隙間に断熱材を充填、その上に24㎜の分厚い構造用合板を敷設して「剛床構造」を構築します。

1階建て方

上棟の当日。建て方がスタートしました。
まず1階の柱を配置します。

2階建て方

2階の床下地も24㎜の構造用合板を使った「剛床構造」です。
2階柱の建て方、梁架けと順調に工事が進みます。

屋根組み

2階の柱と屋根柱の建て方が進むと、大屋根のシルエットが姿を現します。

上棟完了

屋根の頂上に水平材「棟木」が据えられました。
上棟の瞬間です。
おめでとうございます!

四方固め

大切にブルーシートで養生した室内で、お施主様ご夫妻と棟梁が「四方固め」を行い、工事の無事安全を祈念していただきました。

大屋根完成

ダイナミックで美しい大屋根造りのI様邸。
これから本格的な木工事がスタートします。
引き続きよろしくお願い致します。