【プロローグ】

民泊リノベーションは新進建設リフォーム部門のお家芸のひとつです。
今回は築40年の旧家を最新の設備を備えた民泊にリノベーションします。
敷地は小田急線の終点、また箱根登山鉄道の始発駅として知られる湯本駅から
徒歩15分ほどの高台。
箱根の外輪山と小田原市街を眺望できる好立地です。

箱根湯本 民泊リノベーション計画のパース

【ビフォー編】

オーナーは隣国・中華人民共和国のR様。海の向こうで、この家造り日記を楽しみしていらっしゃいます。

写真は手を付ける前の旧家。敷地内には雑木も生え、擁壁も黒ずんでいるのがわかります。これからの工事でどこまで甦るか楽しみにお待ちください。

【着工編】

洗浄前の擁壁と階段 長い年月を感じさせます。
洗浄後 見違えるように綺麗になりました。

まずは敷地外周の擁壁の洗浄からスタートです。
40年分のコケや汚れが付着した、石とコンクリートの擁壁を丹念に洗浄クリーニング。
新築同様に生まれ変わりました

【基礎工事編】

旧家の場合、床下の防湿対策に不安があります。

白蟻の被害や床鳴りは床下の湿気が原因の場合が多いようです。

そこでまずは1階の床をすべて撤去。

湿気の立上りを防ぐ
「防湿フィルム」を床下前面に敷き込みました。
(農業用ポリエチレンフィルム)

更に防湿コンクリートを床下全体に打ち込みました。
建物の耐久性が一気に向上します。

1階の床を支える「土台」や「大引」もすべて新しい材料に交換。防腐・防蟻の薬剤を塗布して基礎工事の完了です。

【断熱工事編】

大工さんが1階の床下に分厚い断熱材を敷設します。
床下は目に見えないところですが、防湿、防腐、通気、そして断熱と、
建物の耐久性向上に欠かせないポイントがたくさん隠れています。
目に見えない部分も、しっかりとリノベーションします

次回更新をお楽しみに!