リフォーム建築実例

 

loading

リフォームで空き部屋を活かし、魅力的な民泊施設に!

民泊という異文化交流のすすめ。

いま多くの外国人観光客が日本に訪れています。政府は観光立国推進基本計画で東京オリンピックが開催される2020年までに2,500万人の外国人旅行者数を目標にしており、宿泊施設の不足が懸念されています。一方、Airbnb (エアビーアンドビー)の普及などにより、宿泊形態や価格など、訪日される方の宿泊へのニーズも多様化しています。シティホテルや大型旅館などでは味わえない、民泊のようなアットホームで手作り感あふれる「おもてなし」やふだんの暮らしの体験などが求められています。民泊経営にはいろいろなメリットがありますが、居ながらにして世界の異文化の方々と交流できるということもその一つです。そんな気持ちのある方なら民泊は大きな手段になることでしょう。

loading

西湘エリアは外国人旅行客に人気のエリア。

政府も宿泊施設の不足解消のために民泊に注力しています。全域が「国家戦略特区」の神奈川県も民泊解禁に向けて積極的で、条例改正の動きがあります。実は神奈川の客室稼働率は、東京、大阪に次ぐ全国第三位で、あの京都よりも上位。ですが宿泊施設が足りていないため、民泊を含めその充実が求められているのです。特に西湘エリアは、海、山など日本の自然へアプローチしやすく、ちょっと足を伸ばせば外国人旅行客にも人気の伊豆箱根、鎌倉、湘南、横浜などの観光地に行くのにも便利なところですが、まだまだ宿泊施設は不足しています。

loading

民泊リフォームなら新進建設。

いま多くの外国人観光客が日本に訪れています。政府は観光立国推進基本計画で東京オリンピックが開催される2020年までに2,500万人の外国人旅行者数を目標にしており、宿泊施設の不足が懸念されています。一方、Airbnb (エアビーアンドビー)の普及などにより、宿泊形態や価格など、訪日される方の宿泊へのニーズも多様化しています。シティホテルや大型旅館などでは味わえない、民泊のようなアットホームで手作り感あふれる「おもてなし」やふだんの暮らしの体験などが求められています。民泊経営にはいろいろなメリットがありますが、居ながらにして世界の異文化の方々と交流できるということもその一つです。そんな気持ちのある方なら民泊は大きな手段になることでしょう。

loading

ちょっとした工夫で素敵な民泊施設へ!!

ちょっとした工夫の改修工事で、泊まってみたいと思わせる素敵な民泊施設へと変貌させるてみませんか。
リフォームから法律の対応まで民泊についてアドバイスいたします。
どんなことでもお気軽にご相談ください。