Owner`s Report

Vol.2

海まで5分、駅まで5分

湘南の豊かなロケーションで、自分らしく暮らす

ひとめ惚れしたのは、築40年、昭和生まれの家でした


モデルハウスオープンのチラシの表紙

ひとめ惚れしたのは、
築40年、昭和生まれの家でした

「リビングに差し込む陽の光や、空気感、涼やかさ…。言葉では表せない、五感に訴えてくる気持ちよさが衝撃で。その日のうちに『ココに住みたいです!』と新進さんに電話しました」。新居の第一印象を、そう振り返る臼井さん夫婦。2019年11月にリノベーションモデルハウスのチラシを見て見学会に行ってみました。広い庭で土いじりをしたり、家族や友人たちとBBQを楽しみたいと、賃貸アパートからの住み替えを検討していたご夫婦。日当たりや通風の良さ、木の家がよいなど、どうしても譲れないこだわりがあり、当時は注文住宅しかないと、数社のビルダーと話もされていたそうです。まさか「近かったから」とふらりと訪れた見学会で、運命の出会いが待っていようとは。さらにそれが注文住宅でもなければ建売住宅でもない、中古のリノベーション物件とは思いもよらなかったでしょう。

長い年月でじっくり育った家を、最新の技術で仕上げる

40年前に建てられた住まい。耐震性や耐久性など、構造に「正直、耐震面はすこし気になりました。40年前と今では、建築基準が全く違うそうなので…」と臼井さん。
ですが、新進建設によるリフォームのプロセスを知り、その不安は払拭されます。中古住宅のリフォーム再販物件の場合、内外装の手直しにとどまることも少なくないのですが、同社では有資格者である現場管理者が、キレイなスケルトンにしたうえで、すみずみまでくまなくインスペクション(調査・診断)し、耐震性・耐久性・断熱性能を新築レベルまでアップ。人間ドッグのように精密検査を行い、弱った部分を特定・治療し、リハビリテーションまで施すようなリフォームを実施します。40年もの間、住まいを支え続けた丈夫な構造に、最新のスペックを搭載した盤石の構造というわけです。


インスペクションと構造計算により、必要な耐震補強をおこないます。天井には太い梁(はり)を追加し、より強い構造に


床と壁と天井を高性能の断熱材でくるみ、断熱リフォームをほどこします。築40年の住まいが夏は涼しく冬は暖かい、省エネエコハウスへと生まれ変わります。

 

自分たちの暮らしに合わせて、
プランをカスタマイズ

臼井さんはこちらの新居を購入される際、プランのカスタマイズをオーダーされました。例えばキッチン収納。もともとは「オープン」な見せる収納でしたが、釣り戸棚を組みあわせることで「一部」を見せる収納へ。すべてを見せるのではなく、お気に入りの瓶だけを見せたい、という夫人のご要望に応えたものです。ちなみに余った棚板は、洗面室の収納棚に再利用しています。このような柔軟な対応こそ、新進建設が選ばれる理由かもしれません。


【BEFORE】リフォーム直後。吊戸棚はなく、すべてオープンな「見せる収納」スタイル。「全てが見えてしまうのはちょっと…(笑)。お気に入りの瓶を少しだけ飾れたら充分なんです」と夫人

 

私たちが家に合わせるのではなく家が私たちに合わせてくれる

ひとめ惚れのリビングをはじめ、使いやすさを考慮したキッチン、想像力を掻き立てられるウッドデッキなど。まるでフルオーダーで作ったかのように、間取りはご夫婦の理想にぴったり。「あえて間仕切りのないフリースペースにして、自由に使っていただけるようにしました」という2階フロアは、設計士の思惑通り臼井さんらしさ溢れる空間に。約16帖の真ん中に置いた、存在感のある卓球台。「これだけゆとりがあるなら…」と公式サイズを購入され、今ではさながら本物の卓球場のようです。「いずれ子どもが生まれたら間仕切って個室にしてもいいし、ワンルームのまま大きなデスクをシェアしてもいい。『こうやって暮らしなさい』っていう押しつけがなく、どんな状況にも対応できる柔軟さが気に入っています」と臼井さん。

キッチン併設のワークスペースは、テレワークで大活躍。孤立しない、でも邪魔にならない。そんな絶妙な距離が集中力を養います。もちろん普段は、家事スペースとしても有能です。

 

ささいな日常が、特別な時間に

「夫が2階で筋トレをはじめたら、私はリビングでヨガの時間。幻想的な空間を演出するスポットライトをひとつ点けて、ヒーリング音楽を流し、お香を焚く…そういう儀式も楽しいし、なによりリフレッシュできるんです」と夫人。以前と違い、いまでは家での時間がいちばん贅沢だそうです。朝ごはんをゆっくり食べたいから早く起きる、とか。デザートのヨーグルトだけはウッドデッキで食べよう、とか。夫婦で「もっと楽しく暮らすには?」を追求されており、それが日々の暮らしに彩りを与えています。


アンティーク風のスポットライトは、夫人のヨガタイムに活躍。美しい陰影を醸し出した壁には奥さまのお母さまが作られたキルティングで演出、心身ともに落ち着ける空間を生みだします。


ビンテージ風のタイルや無垢床を巧みに取り入れた、アメリカのビーチハウスをイメージした室内。西海岸テイストのダイニングテーブルとも相性抜群です。

 

 

思い込み、先入観を捨てて
自分の直観を信じました

当初は“注文住宅一択” だった私たち。様々な講座や独学で家づくりの知識を得るにつれ「100点の家を建てなければ!」って、自分にプレッシャーをかけてしまっていたんです。そんな時にこの家と出会って、まさかのひとめ惚れ。いろいろ考え過ぎて迷っていたところ、背中を押されたように「ココだ」と思えました。それまで中古物件は考えてもいませんでしたが、自分の直観を信じたおかげで今があります。私たちのように注文住宅からリノベーション、逆にリノベーションから注文住宅という路線変更もあっていいと思います。新進建設さんは、そういった家族の心変わりにもしっかり付き合ってくれますよ。

 

思い込み、先入観を捨てて
自分の直観を信じました

当初は“注文住宅一択” だった私たち。様々な講座や独学で家づくりの知識を得るにつれ「100点の家を建てなければ!」って、自分にプレッシャーをかけてしまっていたんです。そんな時にこの家と出会って、まさかのひとめ惚れ。いろいろ考え過ぎて迷っていたところ、背中を押されたように「ココだ」と思えました。それまで中古物件は考えてもいませんでしたが、自分の直観を信じたおかげで今があります。私たちのように注文住宅からリノベーション、逆にリノベーションから注文住宅という路線変更もあっていいと思います。新進建設さんは、そういった家族の心変わりにもしっかり付き合ってくれますよ。