建築実例

PICK UP 09
神奈川県平塚市

シャビーシックな仕上げが魅力の家

ヨーロピアンエレガンスがデザインテーマの邸宅。白を基調に深い陰影が美しい、エレガントな佇まい。白い塗り壁に映える青いモザイクタイルとロートアイアンの黒が住まいのアクセントをプラス。花台のモールディングが造り出す陰影は外観に深みを与えています。

深い陰影が美しい、白を基調にしたエレガントな外観・白い塗り壁に映える青いモザイクタイルとロートアイアンの黒・花台のモールディングが造り出す陰影が外観に深みを創出

モザイクタイルの仕切り壁、奥は大容量のシュークローゼット

勾配天井のある吹き抜けのLDK。無垢のフローリングや珪藻土など自然素材に包まれた快適な室内

リビングに設けたスタディコーナー。ロートアイアンとモザイクタイルが心憎い演出

シャビーシックな仕上げが魅力のインテリアのリビング。床暖房も完備

リビングと続き間になっている和室。壁に引き込まれた襖を閉じれば客間にも。障子越しに差し込む柔らかな陽射しからは、温もりが感じられます

モザイクタイルの造作キッチンカウンターは、家族との会話が弾む対面式。キッチンカウンターの下にも収納棚を設けました

主寝室の天井はパイン材のオイルステイン仕上げ。アーチの先は、造作の書棚とデスクを設えたスタディコーナーとウォークインクローゼットへ

勾配天井のある吹き抜けのLDKには、無垢のフローリングや珪藻土などの自然素材を採用。リビングには床暖房を整備し、シャビーシックな仕上げが魅力のインテリアが脇を固めます。リビングの吹抜け空間には丸窓が空間のアクセントとなり、造作キッチンカウンターは家族との会話が弾む対面式で、リビングに設けたスタディコーナーと同じモザイクタイルを配し、統一感を持たせました。また、主寝室から書斎コーナーを経てウォークインクローゼットまでを繋ぐ間取りは、無駄のない動線を意識をしたとても人気のある間取りとして、設計のキモとなっています。